2016年08月26日

鮎釣り 秋の収穫に向けて針を巻く

2011年以降鮎が釣れなくなった庄内地方ですが、
今年は今までよりは釣れるようになったので、嬉しくて毎日のように釣行している次第。
去年はサイズが小さいので針は6.5〜7.0号。
釣果尾数は少なく、いつ掛かるのか分からないのでシワリの3本錨オンリーでした。
今年は一応狙った場所でイメージ通りに掛かり、サイズも今までよりは大きいので久しぶりに7.5号を使っています。
ただアタリが弱いので4本錨。3本錨でも良いのですが、久しぶりなので4本錨メインでやっています。(^^;

4本錨は場所と攻め方で、ストレートとシワリ、線径の太さと形状の違いを意識して使いわけており
お盆前まではこれで上手く行けてましたが、お盆が過ぎてからは良くありません。
投網や刺し網で場荒れして良型が消え、渇水と台風の影響か流れの強い場所に鮎が居ませんし
チャラ瀬やザラ瀬を探れば、遅く遡上してきた小さい個体が掛かってしまう始末。
台風に因る急激な増水と減水もあり、良型の鮎は投網が入らない深瀞に潜んでいると考え、
昨日は釣行しないでお買い物。秋の深瀞攻略用にコシヒカリを買ってみました。

コシヒカリは発売年には好きで良く愛用していましたが、引き釣りメインなので使わなくなり、久しぶりの購入。
線径が太く重さで掛ける針と違って、ゲーブの弾性の戻りで射し込む針なので、スローな追いでも刺さるはず。
使用する場所と攻めるイメージを持った上での購入なので、きっと良い働きをしてくれることでしょう。face02


天気予報をみますと、今日から4〜5日は雨模様。
迷走する台風10号もありますし、コシヒカリの出番はいつになりますやら。face01


同じカテゴリー(鮎釣り)の記事画像
鮎釣り 6尾=413g
鮎釣り 5尾=322g
鮎釣り 8尾=356g
鮎釣誰もいない 月光川 日向川 赤川
渇水鮎魚影無し 月光川
稚鮎の遡上数は平年の5分の1
同じカテゴリー(鮎釣り)の記事
 鮎釣り 6尾=413g (2018-07-16 00:01)
 鮎釣り 5尾=322g (2018-07-10 00:01)
 鮎釣り 8尾=356g (2018-07-03 04:00)
 鮎釣誰もいない 月光川 日向川 赤川 (2018-07-01 12:08)
 渇水鮎魚影無し 月光川 (2018-06-25 04:00)
 稚鮎の遡上数は平年の5分の1 (2018-06-17 14:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。