2015年05月20日

シロウオ漁と稚鮎情報

網は入ってましたが、さすがに時期が遅いですから魚影は見えず。今期は不漁だったのでしょうね。

シロウオ漁と稚鮎情報

稚鮎は10〜14日遅れで、ようやく遡上してました。
今までは4月下旬GWには遡上していたので『10〜14日遅れで、ようやく遡上』は昨年と同じ。
ということは、今年の鮎は昨年並みに小振りで数も少ないということでしょうかね・・・。

「山形の情報はありませんが、日本海側は空前絶後の不調年らしいです。最悪の去年を上回る最悪とか。早期遡上群がほとんどおらずとか。去年よかった那珂川も駄目とか」「放流アユはいいようですよ。高温で、増水していないから」「秋田県はこのところ遡上があって、そこそこいそう。新潟県は、中央部はいいが、両端はだめ。いいのは伊勢湾、相模湾で、長良川がよさそう。カタクチイワシとアユが逆相関という説がでてきました」「アユとカタクチは餌=動物プランクトンが競合します。上越ではアユの遡上は5月より6月のほうが多いですから、まだ駄目と決まったわけではありません。4月寒かったし」という稚鮎に関する情報が入ってきました。


同じカテゴリー(鮎釣り)の記事画像
鮎釣り 3尾/298g
鮎釣り 米代川鹿角地区
鮎釣り 今期最大158g
鮎釣り 死滅回遊個体
鮎釣り 5尾/356g
鮎釣り 終わりが近い?
同じカテゴリー(鮎釣り)の記事
 鮎釣り 3尾/298g (2019-09-14 00:01)
 鮎釣り 米代川鹿角地区 (2019-09-09 16:41)
 鮎釣り 今期最大158g (2019-09-07 00:01)
 鮎釣り 死滅回遊個体 (2019-09-06 00:01)
 鮎釣り 5尾/356g (2019-09-03 00:01)
 鮎釣り 終わりが近い? (2019-09-01 00:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。