2014年04月30日

同定作業.1

昨日の段階で今日の天気は曇りのち雨の予報でした。明け方に雨音がしたので、予報通りと思い今朝は潅水せず。
ところが、アメダスを見ると雨量は観測されておらず、0.5mm以下の雨だった模様。
しかも日中は晴れて最高気温22.3℃ (13:40)。
風は風速6mで熱風の如くで、葉がしおれる鉢も現れ、お昼休みに潅水しました。予想外でした。
そしてこの高温で桜草の開花はさらに進みました。

この急激な開花ペースでは、本来の美を待っていては撮影のタイミグを逃してしまう鉢も現れそうなので
同定可能な花容となった鉢から撮影していくことにしました。
品種間違いがありましたら遠慮なくご指摘いただけますと幸いです。

初桜、大盃、三保の古事、紅一点、神代の雪、藤獅子(八重)、白眉(八重)
宮城県山元町深山(野生)、雨乞岳(野生:大分県別府市と由布市の境にある)
以上9品種


初桜:今年は花茎1本だけでした。


大盃(おおさかずき):故斎藤教頭先生所縁を大盃を昨年大杯(たいはい)と同定し、
それを確認すべく入手機会があった大盃を新規入手したのですが、故斎藤教頭先生所縁と同品でした。
故斎藤教頭先生所縁とこれは大盃なのか大杯なのか判りません。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~m-a-yo/268oosakazuki.htm
http://www5f.biglobe.ne.jp/~m-a-yo/270taihai.htm
判りませんけど、花央が赤い感じから・・・大盃かな。



三保の古事:いっきに開花しました。


紅一点:いっきに開花しました。


神代の雪:今年は花茎2本で花数少なめ。


藤獅子(八重):


白眉(八重):


宮城県山元町深山(野生)


雨乞岳(野生:大分県別府市と由布市の境にある)


同じカテゴリー(日本桜草14)の記事画像
本当だよ
夜盗虫
今期最後の花
同定作業.51
同定作業.50
同定作業.49
同じカテゴリー(日本桜草14)の記事
 本当だよ (2015-04-01 04:00)
 夜盗虫 (2014-08-10 04:00)
 マリーゴールド 芽吹き (2014-07-19 00:00)
 マリーゴールド播種 (2014-07-14 04:00)
 今期最後の花 (2014-06-15 18:00)
 同定作業.51 (2014-06-12 19:00)

この記事へのコメント
気温が上がってサクラソウの生育が旺盛になってくると、それまでとは比べ物にならない乾き方になりますよね(^^;)
こちらでは暑さと根腐れ対策のために荒目の水はけの良い用土を多用するようになったので余計に水やりが大変です…。

野生種の山元町深山と雨乞岳、初めて見ました。
どちらも淡い色合いで清楚ですね!
雨乞岳は鋸歯が丸っこくて葉柄や花茎が毛深い感じで、九州産の野生種に多い特徴がよく表れていますね。やはり芽吹き時の白毛も多いのでしょうか?
Posted by ヌカエビ at 2014年05月01日 00:45
ヌカエビさま、
地域の気候風土の違いから、各地で苦労が違うのでしょうね。私は4月の低温+強風がネックになってきました。葉が薄緑色なのは、その影響です。雨乞岳は芽吹きの白毛は少なく一般的な感じです。

最低気温が14度以上もあり、雨も降り水気樹分なので、全体に蕾みが大きく膨らんできました。次ぎ晴れたら一気に開花してしまいそうで、今期は全部を撮影できないかもしれません。
Posted by さくらさくら at 2014年05月01日 21:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。