2013年09月26日

ヒメカマキリ?

夜、片付けようとしたマグカップの中に落ちていた小さいカマキリ。
緑色したコカマキリかと思ったのですが、カマの部分に黒と白の斑点がありませんし
コカマキリほどスリムじゃないし、気持ち小さいような・・・。
それに、コマカキリはとても俊敏でジャンプ力があり、跳びますし飛びますから
この程度のマグカップからの脱出はお手の物のはず。・・・なぜマグカップから抜け出せない。
ステーキを焼いた時のグリル跡みたいな羽の紋様は、今まで見てきたカマキリにあったかな?
マグカップの底に残った染みの直径は3cmほどですから、小さいカマキリです。

ヒメカマキリ?


日本のカマキリはカマキリ科とヒメカマキリ科に属する2科9種だそうで
大きさ的に小さいウスバカマキリのオス、ハラビロカマキリの小さいオスかメス。
しかしウスバカマキリと違って脚に斑紋があり、ウスバカマキリと違うような・・・。
またハラビロカマキリより首は細くトンガリも鋭いので、ハラビロカマキリではないようです。

ヒメカマキリ?

ネット検索を続け、羽の部分の茶色の紋様が似たような画像をみつけました。ヒメカマキリだそうです。
しかしヒメカマキリは南方のカマキリだそうですから、山形に生息しているわけがありません。
でも温暖化でアオリイカも釣れるようになりましたし、ヤモリを生息範囲を広げていますから
ヒメカマキリは山形県に生息して居ないとは断言できません。
第一、カマキリの種類は2科9種しかないのですから、ネット検索すれば似た画像が見つかるはずです。

今度は「ヒメカマキリ」で検索していくと、高嶋清明さんが庄内のヒメカマキリを紹介していました。face08
というわけで、たぶんヒメカマキリでしょう。(^^;
高嶋清明さんとは面識はありませんが、永幡さんの同盟で昆虫の写真家です。face03
かがくナビ ヒメカマキリ 2008年11月14日
http://www.kagakunavi.jp/nature/show/2085

高嶋清明さんのBLOG 路傍の虫たちと
http://neptis.qee.jp/
永幡嘉之さんのBLOG 世界のブナの森
http://ameblo.jp/rosalia-coelestes/



同じカテゴリー(その他13)の記事画像
セッコク蘭
富貴蘭
飛島の海
飛島 珪化木.2
飛島 珪化木.1
飛島 カナヘビ
同じカテゴリー(その他13)の記事
 セッコク蘭 (2013-12-24 19:00)
 富貴蘭 (2013-11-26 18:00)
 飛島の海 (2013-11-04 19:00)
 飛島 珪化木.2 (2013-11-03 19:00)
 飛島 珪化木.1 (2013-11-02 19:00)
 飛島 カナヘビ (2013-11-01 19:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。