2007年07月30日

憧れの浄禅寺川

酒田市立図書館所蔵の松森胤安著『両羽博物図譜』、魚類図譜 川魚部に‘鮎’が記されている。現在は酒田市立図書館のHPから松森胤安の『両羽博物図譜』を、デジタル画像で閲覧することができる。

鮎類 鮎鮭属類別五類之第一類
真鮎種 鮎類種別二種之第一種
その中に下記の記述あり。

『一体に鮎は軟柔にして其の味至美上等の魚なり、然れども其産地に依って多少の異同あり。飽海郡浄禅寺川、福山川等のものは頭小、身大最名品とす。西田川郡五十川の産は秋に先んずて出づ又、名品赤川は上流やゝ大なり或いは尺余に至る有るべし。』(原文はこちら参照)

庄内で美味しい鮎の産地を伝える一文なのだが、現在飽海郡に浄禅寺川と福山川なる河川は存在しない。しかし、八幡町に常禅寺地区と福山地区が在るので、浄禅寺川=荒瀬川、福山川=日向川だと推察した。


憧れの浄禅寺川


松森胤安が赤川之下り鮎を描いたのが明治二十四年十月五日(1891年)。温海川之鮎は明治十八年九月二十九日(1885年)である(原画はこちら参照)。116-122年前の鮎を未だに味わえるとは考えてはいないが、当時に想いを馳せて釣りを楽しんでみるのも一興である。

そんな思いで出掛けてみるも、川にハミ跡もなく「今年は地鮎(天然鮎)が上ってこない。いねもの。」とのこと。魚がいないのでは釣れるわけもなく、名品を味わうこともできないではないか。楽しみには来年に取っておこう。(^^;

憧れの浄禅寺川

憧れの浄禅寺川


タグ :環境

同じカテゴリー(鮎釣り)の記事画像
鮎釣り アベレージ20〜21cm
鮎釣り アベレージ19〜20cm
鮎釣り アベレージ20〜21cm
渇水の日向川
鮎釣りと川遊び 渇水の荒瀬川
鮎釣り アベレージ20cm
同じカテゴリー(鮎釣り)の記事
 鮎釣り アベレージ20〜21cm (2019-08-16 00:01)
 鮎釣り アベレージ19〜20cm (2019-08-15 00:01)
 鮎釣り アベレージ20〜21cm (2019-08-13 00:01)
 渇水の日向川 (2019-08-05 11:59)
 鮎釣りと川遊び 渇水の荒瀬川 (2019-08-05 00:01)
 鮎釣り アベレージ20cm (2019-07-31 00:01)

この記事へのコメント
[さくら]さん、こんばんは。
いつもつも「へ~」とブログの内容に敬服しています。

今年はもうホタルは終わりですか?
庄内のホタルのポイント、お薦めはあります?
立川と湯田川は終わってました。

来年のためにもアドバイスをお願いできれば。
Posted by bin at 2007年07月30日 21:04
あゆ がー 実際に川で泳いでいるところ
見たいです。やっぱり 渓流ですか。
Posted by わっしー at 2007年07月30日 21:41
こんばんは。
初夏、青沢に行きたくて344号線を走りました。
荒瀬川を右に見たり、左に見たり。
山肌の地層を見て、小学校で化石探しにきた事を思い出しました。
結局、目的地は通り越したみたいで…。いいドライブでした。
Posted by しみじみしじみ at 2007年07月30日 23:59
binさん、
私、凝り性なので、これ以上趣味を広げないようにしており、夜は出歩かないのでホタルのことは分かりません。昆虫も敢えて無視してきたので、カブトムシがいる場所も分からなくなってしまいました。何処かにいるんでしょうけど・・・適当に探しているところです。

立川の場所は、立谷沢川ですよね。
それとも他の地区でしょうか?
ウチではよく牛渡川に行ってました。

昨日の日中は清川地区の最上川へ注ぐ水路ででホタルをみました。バイガモが咲いている水路です。写真に撮ろうとしたら、警戒して葉の裏に隠れたり飛んだりして写真に撮れませんでした。しみじみしじみさん同様、写真の撮り方を教えてほしいです。
Posted by さくら at 2007年07月31日 09:09
わっしーさん、
鮎は何処にでもいます。庄内平野は灌漑用水路が発達しているせいもあり、その辺の水路にもいます(でも、釣るとなると話しは別)。

泳いでいる所を観たいなら、日向川・温海川をお薦めします。交通量が少ない橋の上から川底をよ〜く観ていると、流れに同調するように泳いでいる姿をみることができます。鮎は縄張りを持ち、侵入者を追い払いますが、1尾では生きていけない性なので、1尾いれば必ず数尾居ます。偏光グラスがあると、見つけやすくなりますよ。
Posted by さくら at 2007年07月31日 09:23
しみじみしじみさん、
ドキッとしました。好うご期待!(^^)
Posted by さくら at 2007年07月31日 09:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。