2007年07月06日

新井田川の外来魚

カブトエビ調査で田んぼに触れたことで新井田川を思い出し、2年ぶりに或る場所へ行ってみた。今回もブルーギルとブラックバス(稚魚)、ギギを採捕した。行けば毎回採れるということは、定着してしまったことを意味する。残念なことだ。

ブルーギルは内陸地方のブラックバス釣り愛好者により山形県に持ち込まれ、内陸から最上川を流されて、さみだれ大堰から灌漑用水路を通って庄内地方に広まった。庄内の主な生息地は平田町飛鳥沼(あすかぬま)と酒田市新井田川。特定外来生物被害防止法により生きたままの移動・飼育は禁止されているので、撮影後にブラックバスとともに処分した。


採捕途中に自転車に乗った爺さんが「鯉採りだが?」と話し掛けてきた。関集落で、ミミズを餌に釣りを楽しんでいるという。爺さんはブルーギルとブラックバス(稚魚)を初めて見たと言っていた。ブルーギルは魚の卵が好物で、ブラックバスは小魚を食べるのだから、「此処数年でホントに釣れなくなった(魚が少なくなった)」と言う爺さんの言葉には、重みがある。


でも、それとは別に地元の人に注意してほしいのはギギである。ギギは国産種だが、琵琶湖産など稚鮎に混じって山形県に入ってきた国産移入種で、最上川に生息しており、最大30cmを越えるサイズにまで育つ。背ビレに毒があるので、素手で触らない方が無難だ。


爺さんはギギも初めて見たと言う。小学生の孫もいるということなので、ナマズやドジョウと間違えて触わらぬように、ギギは爺さんにプレゼントした。県別に天然記念物と絶滅危惧種の指定があるなら、山形県版特定外来生物被害防止法も制定してほしいものだ。

浅くみえるが、水深は1m以上ある。


ギギは、山形県レッドデーターブックでは、絶滅危惧種ギバチと勘違いされている地域がある。ギバチ生息地とされる現地の教育委員会を訊ねたら「ギバチはいませんよ。いるのはギギです」と言われた。選定委員会が自ら現地で採捕・確認もせず、文献と聞き取り調査だけで山形県レッドデーターブックを作成してしまった結果である。

そもそも無斑点岩魚を絶滅危惧種に指定し、山形県レッドデーターブックに掲載しているレベルなのだから、なんとも情けない話しだ。無斑点岩魚は、山の白猿と同じようなレベルの話しで、種ではないのだから。



同じカテゴリー(その他07)の記事画像
冬の読み物.1
コクチバス.2
コクチバス
鶴岡公園の貝
大山の下池水路
十の沢池の用水路
同じカテゴリー(その他07)の記事
 冬の読み物.1 (2007-12-14 07:08)
 コクチバス.2 (2007-12-13 07:31)
 コクチバス (2007-12-12 03:29)
 鶴岡公園の貝 (2007-12-10 07:29)
 大山の下池水路 (2007-12-09 21:59)
 十の沢池の用水路 (2007-12-08 21:19)

この記事へのコメント
誰だー、変な魚持ち込んできたのはー!!!
ホント腹立ちますね。日本の河川の生態系がめちゃくちゃですね。
なんかいい策無いんですかねー。
Posted by 夜のジョニー at 2007年07月06日 07:28
ほんと
いらないものが増えて・・・
いるものが減ってきてるぞ~
これって・・・おかしくないか~?
いるものを増やそう!お~!
Posted by ふろあ~ at 2007年07月06日 10:05
ヌマエビ探して いろんな沼覗いてるけど、いなくなった(ToT) めだかや小魚、数年前は たくさんいた沼も… 悲しくなるよ(;_;)
Posted by 藤丸 at 2007年07月06日 11:52
数年前、新井田川でテラピアが釣れたという噂が流れました。本当にテラピアだったかもしれませんが、ブルーギルの成魚だったりして。

閑話
先日、土門拳記念館で飼われているオオハクチョウの卵が、割られてしまったとニュースで知りました。出羽大橋の所で、5月にデカいハクビシンを目撃しているので、ハクビシンが犯人ではないかと思っています。
Posted by さくら at 2007年07月07日 07:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。