2007年04月11日

鶴岡市砂田町

鶴岡市砂田町、即身物を安置されている南岳寺の近所に住む知人Oさんの奥さんは、園芸が趣味というほどではないが、植物を大切に育てていた。砂田町がまだ田んぼだった頃に、いち早く住居を構えたご家族なので、ご近所との交流も深いと思い、思い切って日本桜草の件を尋ねてみた。

実は、日本桜草を求めて庄内中を探し巡っていることは、周囲に話さずに、独りで適当に地道に過ごしてきていた。だって『なんのために?』『どういう意義があるの?』と逆に尋ねられても答えられないし、『あなた変わってますね』と言われたショックは大きかったからだ。30代後半の男が、日本桜草を探しているだなんて、おかしいでしょ。求めるモノは漠然としているし、恥ずかし訊ねるのが怖かったんです。

Oさんの奥さんに訊ねると、意外な答えが返ってきた。
「それ○○さんが育てている草でねがの。」
「こげだ大きさで、ピンクのちいせ花咲かすなんね?」
ビックリです。\(◎o◎)/!

○○さんの家は、Oさん宅の僅か三軒隣り。速攻○○さん宅を訪れることにしました。駐車場を通ると玄関前にピンクの日本桜草が数鉢有りました。やりました、我が家以外で初めて日本桜草を発見しました!

お話しを聞くと、『30-40年ほど前に櫛引町丸岡から貰ってきた。』『白は知らない。』『或る程度鉢が一杯になるまで増えると、枯れ始めて、徐々に少なくなってしまい、今はこれだけにしかない。植え替えしないとダメかな。』と話してくれました。

遂に新情報ゲットです。ヒントは櫛引町丸岡。そして鉢植えは徐々に枯れる。言われてみたら、ウチの日本桜草も30-40年ほど前で、時期が妙に合います。増えもせず、ず〜っと一鉢のままです。日本桜草は繁殖力旺盛な植物のはずですから、ちきんと手入れしてあげないといけないようです。

同じカテゴリー(日本桜草07)の記事画像
ミョウガの中で
庄内田川の岩浪さん
NPO鶴岡淡水魚夢童の会 岡部夏雄氏
八幡町貝沢地区と升田地区
立川町東興野 自生地探訪
酒田市本楯.3
同じカテゴリー(日本桜草07)の記事
 ミョウガの中で (2007-09-06 07:19)
 庄内田川の岩浪さん (2007-06-27 08:05)
 遊佐町サクラソウ保存会 (2007-06-09 08:19)
 大鳥集落 埼玉の桜草 (2007-06-05 08:34)
 Google検索『日本桜草 蔵王』 (2007-05-25 09:20)
 NPO鶴岡淡水魚夢童の会 岡部夏雄氏 (2007-05-22 07:25)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。