2019年09月12日

キノコ 同定できず

8〜9月の私は海と川で魚釣りに忙しいから、山に入るのはだいたい10月下旬からだ。
しかし近年局地的豪雨で釣りに行く機会が減ってしまった。
新しい遊び場として山にキノコ採りに行くようになったのが、キノコの種類が全く判らない。
キノコの生長は早く、幼菌と老菌で容姿が激変することもあるなら、尚更判らない。

今回判らなかったキノコがコレ↓
傘が丸くて美味しそうな形と色。裏と柄が白く、柄が縦に割けたから・・・食用?
でも今まで柄の長いキノコを食べたことはないから、危険なキノコの可能性が大。
判らないモノは食べない!。これ絶対の基本。なので撮るだけにした。


  


Posted by さくら at 13:00Comments(0)その他19

2019年09月12日

ドクツルタケ(毒キノコ)

傘の上が尖っている、茎が20cm以上もあるキノコが生えていた。
特徴的なキノコだけど、普段生活していて見た事無いから、食べられないキノコなんだろう。
帰宅後に検索してドクツルタケと同定。
キノコ採りが趣味である友人に画像をメールで送ったら、
「キノコは画像だけでは同定できない」と返信がきた。
キノコに詳しい人ほど同定に慎重なようだ。それほどキノコ採りは慎重であるべきだと気づかされた。
そんなわけで、下記画像はたぶんドクツルタケ。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19