2018年11月15日

福寿草 鉢開け 18年の痛み苗

2018年03月30日「福寿草 鉢開け 痛み苗」:知人に譲った鉢が貧弱になっていたので、預かってきました。
3株が4つに分かれたので、分けて植え直しました。根に異常は無く大丈夫そうなので、今年は養生ですね。



2018年04月08日「福寿草 鉢開け 痛み苗」:白く囲ったのが2株が、傷んで枯れてしまいました。



2018年04月14日「福寿草 鉢開け 痛み苗」:結実までした茎と若い芽まで腐りました。



そして2018年11月鉢開けした結果、3株が生き残っていましたが、
太く肥えていませんし、既に芽が痛んでいます。
福寿草を栽培してきて初めての症状なので、どうしてこうなるのか理由が分りません。
栽培を続けて養生させても意味無い気がするので、山にでも植えてみます。


  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)福寿草

2018年11月15日

福寿草 山形市の自生地 山形新聞より

フクジュソウ、咲きそろう 山形 2018年03月31日 20:25
太陽に向かって開く春の花、フクジュソウが山形市岩波地区で見頃を迎えた。
畑の斜面などが黄色に染まっている。
満開を迎えている畑のフクジュソウは
15年ほど前に地区で数カ所に植栽したものから種が飛び、根付いた。
土との相性に敏感なのか、植栽しても咲かない場所もあるが、
この畑は土壌が良かったようで次第に増えたという。
今年は3月20日ごろに、ぽつぽつと開花し始めた。
「全部咲くまで時間がかかると思ったが、晴れた日が続き一気に咲きそろった」
と近くに住む河合卓(たかし)さん(81)。
春の日差しの下、開花を楽しみにしていた近所の人も訪れ、花談義をしていた。


やっぱり傾斜地だし、一部にしか根付かないんだね。
で、根付くと大繁殖。ということは自生するには肥料気が必要で、肥料気があるから増える。
ということなんだと思います。