2018年08月10日

鮎釣り 77〜71g ド渇水と高水

秋田県の子吉川では全く鮎が釣れず、オトリ屋も営業していないということで、
秋田県の方々が毎週のように数台で庄内入りしています。
明日は所沢から遠征者も来るようですが、わざわざ来ても、ボーズ覚悟かと。

月光川はド渇水というか干上がってます。
日向川も渇水水位ですが、上流の沢から原油が流入したのでエメラルド色に濁っています。
荒瀬川は高水で、通い慣れてた人じゃないと釣れない状況。アブが大群で飛び交ってます。
最上川は真っ茶色。
角川と立谷沢川は大量の砂が流れ込んだから、駄目だと思う。
鮭川も大増水したから、まだ駄目だと思う。
赤川は今年全く駄目なので論外。
温海三河川は・・・良いかもしれないし駄目かもしれない。通い慣れてた人は釣りそう。
舟形町の小国川は釣り再開しそう。

今日の釣果は4尾。一番小さいのを次のオトリとして抜いてあるので
残り3尾が77g、74g、71g/20〜21cm。
昨日入荷したというオトリ鮎は大きくて、小さいのを選んで18.5cmで55gでした。
瀬には入っておらず際の残りアカ狙いでナイロンの泳がせ釣り。針は7号4本錨。


お盆休みを利用した遠征で、わざわざ庄内に来ても、5尾/日も釣れないと思います。
まして数名のグループで来ては、動き回れないから、ボーズ覚悟になりますよ。
  


Posted by さくら at 16:27Comments(0)鮎釣り