2018年07月03日

鮎釣り 8尾=356g

7月1日最低気温 23.7 (04:10)・最高気温 30.9 (10:20)
7月2日最低気温 23.2℃ (04:23)・最高気温 33.2℃ (10:26)
昨日より水位は下がり、気温は暑いので鮎の活性は高いと判断して今季初の鮎釣りへ。

オトリ屋の情報では、
酒田市の若い鮎師たちが舟形町の小国川へ鮎釣りに行くも、
釣れなかったので戻ってきてオトリを買って行った。
秋田県本荘市の鮎釣りグループが日向川で26尾の釣果。
7月2日に日向川の漁協が100kgの追加放流を行ったとのこと。

私は飛んで一河川目1時間で1尾の釣果。二河川目1時間で9尾釣るも、
塩焼きにしたら食べるところが無くなりそうな
14〜15cmの小さい個体2尾をリリースして合計8尾お持ち帰り。
全長16〜17cmで8尾合計356g=44.5g/尾とまずまずの体型。face01


なぜ実釣2時間なのか?
粘っても釣れないし、粘るほどのポイントでもないし、他に探る箇所が無いから。
単独釣行だから動けたし、得られた釣果であり、2名以上なら得られない釣果尾数。
台風が接近しており、台風に因る雨で河川が増水したとしても、
その後釣れるだけの鮎が居るとは思えない魚影の薄さです。  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り