2018年03月12日

クリスマスローズ 植え替え

当該ブログの使用残量が少なくなってきたので、容量確保のため古い記事を削除して整理しています。
作業していると、定期的にクリスマスローズをネタにしていたことに改めて気付きました。
何気に続けているネタなので1つのカテゴリーとし、
掲載する予定は無かったのですが、栽培記録の1つとして、
先日2018年03月09日「福寿草 植え替え」で一緒に行なった植え替えを載せることにしました。

植物には『植え替えの時期』というモノがありますが、
開花している鉢を購入すれば直ぐに新しい鉢へ植え替えするし、
それで問題無くやってたので今回も大丈夫でしょう。(^^;

植え替えした理由は2つ。
1つ目は前回2014年02月03日「クリスマスローズ 植え替え」から4年も経過していること。
2つ目は石田精華園さんのクリスマスローズの育て方のサイトを読み、腐葉土不要説に感化されたからです。
桜草もそうですが、桜草栽培に腐葉土は欠かせない物という教えと認識があるようですが、大切なのは通気性。
腐葉土を用いらない桜草の用土に関しては浪華さくらそう会の山原さんのブログが詳しく
私も桜草栽培には腐葉土を使わなず、サラサラな用土で栽培してきました。
桜草に使用したサラサラな用土を福寿草にも使っていますが、上手く育ってくれています。

今まで大して咲かず増えなかったウチのクリスマスローズに初めて桜草の用土を用いたのは
2014年02月03日「クリスマスローズ 植え替え」から。
そして2017年04月21日「クリスマスローズ」、今までと見違える程の大輪咲きへ!
この変化を肥料のお陰だと思っていたのですが、
今までの用土は赤玉主体でサラサラでありませんでしたから、
サラサラな桜草の用土が要因だとすると妙に納得がいくのです。

今回は福寿草の用土に使っている、3mmのフルイを抜けて2mmのフルイに残った用土を使いたかったのですが、
5mmのフルイを抜けて3mmのフルイに残った用土が多く残っているので、
今回は通気性の有効性を確認するためでもあり、少々粗いのですが、それを使うことにしました。








  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)クリスマスローズ