2017年08月20日

鮎は重さで語れ 当たれば釣れる

雨が降らず何所も渇水で垢腐れしてますが、鮎は居るはず。
食み跡も無く磨かれた石も無いのですが、以前釣れた水脈筋を思い出しながら、
目印代わりにオモリ0.3号を付けて、止め泳がせ的に一箇所で時間を掛けて誘いを続けると、ギュギューーン!face03
釣果尾数は少ないものの、狙い通り掛かると嬉しいですし、サイズもそこそこなので楽しめました。face02

格別大きいのは居ませんでしたが、大きいの2尾で222g=111g/尾
6尾合計515g=85.8g/尾。
8尾合計737g=92.1g/尾と今季最高♪

背掛かり未使用2尾を次回のオトリとして活かしてあり、残り4尾合計260g=65g/尾。
4尾の一番上と一番下は、スリムなところから、昨日釣って今日オトリとして使った2尾と思われます。
737g+260g=997g=83.1g/尾



毎回の実釣時間は2時間くらいです。
渇水なのであちこち探り歩いているので、時間ばかり食って釣果尾数は低いのですが、
釣れる時は狙った場所でポンポンポンと釣っていますし、
鮎も成長して重くなったので引きが強くなり、それなりに満足しながら楽しくやっています。
  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り