2017年07月11日

鮎は重さで語れ 一番鮎は70g/尾

今年の一番鮎を探しに行きました。
10尾ずつ冷凍にすると食べる時に不便だからと今回は5尾ずつ計測。
サイズに大差はないのですが、適当に大きい方から5尾選んで計測したら336g=67.2g/尾。

7月1〜2日以降、梅雨前線の影響で各河川増水したことで、山形県に遠征してきた関東を中心とした遠征組が、
とっとと帰れば良いものを、庄内の釣行可能河川に大挙して押し寄せ
河川敷に車中泊してまとまって移動して釣行しており、その一団はまるで川鵜の如く。
地元鮎師は、釣り人が居ると入川しないシャイな奴ばかりなので、入川できずにいます。
解禁して10日が経ち、少なからず釣られているとは思いますが、今年の一番鮎は70gといったところでしょうか。

次に大きいのを5尾選んで計測すると288g=57.6g/尾。
あとは大きくないので10尾まとめて計測すると496g=49.6g/尾。
20尾合計1,120g=56g/尾でした。
因に昨日活かしておいたオトリは2尾合計67g=33.5g/尾でした。

今回は掛かっても、盛期と違ってガギューン!ギュギュギューン!ときませんでした。
ブル、コツっとアタッてそのまま定位したり、すーっと横走りしたりで、
掛かってから川底に沈んでいる葦根に巻かれて逃げられてしまうことが3回あり、その都度川に入り込んで回収。
昨年からの仕掛けのせいか、接続糸と複合メタルの接続部分の数センチ上で切れたのが2回。
ケラレ、バレも少なからずありましたが、3時間で25尾の釣果。
トラブル続きでしたが鮎との出逢いだけは有に時速10尾以上ですから、まずまずです。face02

針は今回線径0.41mmの重い6.5号が一番良かったのですが、
今回釣れた鮎のサイズと掛かり方だと、線径0.37mmの掛かりの遅い7.0号でも良かったかも・・・。



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り