2017年07月08日

鮎は重さで語れ

昨日の下見を活かすべく、週末を前にして釣行。二箇所巡って26尾+10尾=36尾の釣果。
増水から水位が下がり、石の周りに苅り草が引っ掛かってたり、何度かトラブりました。
石に絡まった草に鮎が沈んでいて、死骸かと思ったら活きていて、背針付きの鼻カン周りごと根掛かってました。
外してあげてリリース。その後上流の中州にオーナー社の完全仕掛けパッケージが棄てられていて、
さっき根掛かっていた品と思われ、貼られていた値札シールから山形ナンバーの輩が放置したもののようです。

今回はコレと言って大きな個体はなく、小さい個体も釣れなかったので、今年の遡上量は近年並みの不漁と思われます。
6cmほどの稚鮎が死んでましたから、お盆過ぎに、小さいのが釣れだすかもしれませんね。

大きい方から10尾平均で52g/尾、48.6g/尾、42.8g/尾。
30尾の平均値47.8g/尾となり、オトリ屋のオトリサイズになります。
(残り6尾は上記より小さいので、平均値はもっと下がります)


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り