2017年06月30日

凪ぎでも釣れた

連日釣ってくるもんだから、「もう釣ってくんな!」と家族に言われたので、昨日は釣行せず。
今日は日中西風で、夜は風が「静穏」の予報になっていたので、シーバスは岸に寄っていると考え釣行。
べったべったのベタ凪で、流石に今夜は無理だったかと諦めていたところ、潮合なのか2ゲット+2バラシ。
これより大きいの2尾をバラシてしまいました。face07


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17

2017年06月28日

凪ぎでも釣れた

さすがにボーズを覚悟したほど渋かったですが、結果オーライです。face01


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17

2017年06月27日

荒れたら釣れた

ウネリ波でしたが釣れました。
粘ればもっと釣れそうでした。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17

2017年06月26日

小雨でも釣れた

1日ごとに干潮時間が50分遅くなりましたが、今日までの経験が釣果につながりました。体冷えました。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17

2017年06月25日

凪ぎでも釣れた

北風が厄介でしたが、下げ止まりでしたが、なんとか釣れました。
北風が止んだから釣れなくなったので、釣れたのは北風のお陰かも。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17

2017年06月24日

荒れたら釣れた

22日04:20波高2.20m。晩飯後は1.2mなのでサーフへ行けば釣れたでしょうけど風が治まるのを待つことに。
23日20:00波高0.30m。波落ち過ぎ。それでも6ゲットの4バラシ。大潮の下げ止まりにしては良く釣れた方。


1尾変なのが居る・・・。

ヒラスズキかと思いましたが、マルスズキのようです。
ですが、刺身で食べたのですがマルスズキとは思えない過去最高の旨さでした♪  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17

2017年06月18日

凪ぎでも釣れた

16日の行方不明者は、110ネットワーク地域防犯情報メールに因りますと、17日13時に無事に発見されたそうです。

17日は凪ぎで釣り人も繰り出してましたが、食べ頃3尾の釣果。
デカいのもヒットするのですが、波打ち際の海底に沈下しているホンダワラに絡まってフックオフするばかり。残念!



  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17

2017年06月17日

霧雨でも釣れた

流石にツ抜けが難しそうだけど、もうちょっと釣れそうな時に、おまわりさん登場。
午後15時に犬の散歩で出掛けた、歩き方に癖がある地元高齢者が行方不明で、
その方の足跡がサーフで見つかったので捜索にきた。今日17日朝から本格的に捜索するとのこと。
事件性が不明なせいか、行方不明者の年齢、格好、洋服の色など、何も教えてくれませんでしたが、
犬種だけは教えてくれました。無事に発見されることを願います。


110ネットワークという地域防犯情報メールに因りますと、13時に無事に発見されたそうです。face02

  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17

2017年06月15日

凪いでも釣れた

大潮のド干潮という分けでもないのに、ド干潮。遠投遠投また遠投。1.6kgと1.0kgが釣れました。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17

2017年06月13日

荒れたら釣れた

疲れた〜。まさかまさかの余裕のツ抜け+αの爆釣劇♪
釣果尾数多過ぎて計量してません。face02


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17

2017年06月08日

うんこの上で

1ケ月ほど前に平野部の水田地帯を流れる某河川左岸で獣の巣穴らしき物を見つけた。
簡単に言うと、河川敷にある休耕田の川に面した斜面で、
ヤマセミやカワセミが巣を作りそうな切り立った斜面に在った。
私は切り立った斜面の下を川通しに歩いていて、ふと見上げたら目に止まったという感じで、見つけた。
巣穴の持ち主を目撃してないので、正体は不明だが、直径は「ザ・穴」という感じで結構デカい。
その対岸には小さい犬のような足跡がいつも見ることができるので、タヌキかハクビシンか、キツネであろう。
釣りの途中でみつけたので余り興味が無く、注意して観てなかったので、今度撮影してきてブログネタに使ってみます。

増水から水位が下がった川岸で、うんこらしき物体を発見。足跡は雨に打たれて消えたのか、確認出来なかった。
こんな立派なうんこはみたことがない。うんこの大きさから、犬と同等なサイズと思う。
人がこんな川辺で用はたさないし、人なら足跡があるはず。
タヌキは「タヌキの溜め糞」という言葉があるほどなので、タヌキではない。
うんこの大きさと水辺という場所から・・・ハクビシンかなあ・・・。

そんなことを考えながらうんこを観ていると、うんこの上に何か居るような・・・あっ、トンボが羽化してる!


羽化したばかりのようで体色が着いて無いが、今の時期とヤゴのサイズから、シオカラトンボだろうか。
右の羽の根元に、クリアグリーン色の何かが付着しているようだが、近寄り過ぎて驚かせてはいけないし、
それなりの距離から確認しようと努めてはみたものの、結局何がくっついているのか、確認はできなかった。

16MBで撮影した写真を視てもそれが何なのか私には解らないが、
クリアグリーン色の何かが付着しているせいで、羽が1枚伸び切れずにいるようだということは判った。
みなさん、これ何だと思います???



雲が古いと書いて雲古(うんこ)と漢字で書くと思っていましたが、そうでもないようなので、
今回は平がなで「うんこ」と書きましたが、写真を見ると「古い雲」って感じしますよね。(^^;  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17