2017年04月21日

鮎タイツ 胴長 修理

胴長や鮎タイツ、ウエットスーツなどネオプレン製商品の修理に、
マルタマスポーツでアクアラング社のゴムのりを購入。
マルタマスポーツは剣道や柔道など武道具を取り扱っていますが、
庄内でも意の一番に潜水具を取り扱ったお店なのです。
それを知っていたので今回は二度目の購入。
お店の人も忘れてしまってるほどの商品で、デッドストックが1箱在りました。
品はとても良い物なので、要り用の際は買ってあげてください。


マルタマスポーツはみずほのコメリとスターバックスの間にあるお店です。
前回300円で買ったのに、ほとんど売れないから値段まで忘れたようで今回は言い値で400円。
保ちつ保たれるなので黙って購入してきましたが、ネットで調べると270〜300円が相場です。
次回は主張して300円で買うようにします。face03

釣具屋にはアクアシールがありますが、用途と種類が違います。下記サイトを参照ください。
おじさん日記 ~Okinawa Self-Diving Log~ ウエットスーツの修理 2016-05-27 22:01:44
アクアシールの場合はゴムのりと違って固まるまで動かしてはいけないので、ウエットスーツ同士だと固定が難しく面倒。
ずれてまた戻してを繰り返していたら周りがベタベタになってしまった。
  


Posted by さくら at 17:00Comments(0)その他17

2017年04月21日

リンカリ肥料

福寿草の花数が少なくはないのか、株で増える速度が遅くはないのか。
そんなことを気にしているので、肥料を与え方を考えてみようと思いました。
参考にしたのは「平成福寿草の会」のHP。

----------------------------------------------------------
福寿草栽培のポイント
※ 肥料について
福寿草は根を育てれば素晴らしい花が咲き、驚くほど増殖します。
したがって、肥料はチッ素分が少ないリンやカリ分の多い物を使用して下さい。
チッ素は3以内、リン・カリは5以上であればOKです。
花後にも置き肥、この1ヶ月後に又置きます。
これは10円玉くらいの油粕でメーカーは日清ガーデンメイト発売で固形骨粉と書いてある肥料を使用しています。
チッソ(2)リン(6)カリ(12)チッソ分が少ないので肥料当たりはしません。
目安は2〜3芽の5号鉢で1ヶ、花後は2ヶ施用。
液肥は国華園で販売している大菊液肥PK:チッソ(2)リン(8)カリ(12)1,000円前後。

福寿草の株分けと植え替え

※ 施肥の目安
12月中旬〜1月下旬の間と、3月中旬〜4月初旬の間に1回ずつ置肥します。(5号鉢で2〜3個)
開花前は地上部、つまり葉がないのでチッソ分の多い肥料は与えないで下さい。(チッソ分は3以内)
葉が展開してからはハイポネックスなどの液肥でも良いです。
この場合でも根張り優先ですからチッソ分は5以内の物を与えて下さい。
チッソ分が多いと葉ばかり繁り、根張りは悪くなります。
根張りが悪いと翌年の芽数も少なく、貧弱な芽ですと高温になる頃に灌水過多などによる蒸れで枯死してしまいます。
※ 灌水の目安
   9月〜2月(開花まで)4日〜7日に1回
   3月〜6月上旬(葉がある期間)3日〜5日に1回
   6月〜9月(休眠期)7日〜10日に1回
----------------------------------------------------------

上記で気になるのが赤文字にした「福寿草は根を育てれば素晴らしい花が咲き、驚くほど増殖します」という一文。
「素晴らしい♪」と言えるほど花数多くないし、なかなか増殖してませんからね。
私が愛用している肥料は2〜3ヶ月しか保たない小粒のマグアンプで、液肥は余り使いません。
なぜなら、これは太平洋側と日本海側の気象条件の違いなのかもしてませんが、理由は2つあります。
1つ目:こちらは雨が多いので液肥を定期的に与えられないので、肥料の効き目をイメージできないこと。
2つ目:平成福寿草の会さんでは、葉がある期間の潅水の目安として3〜5日に1回とされていますが、
こちらは気温が上がった暑い日に、葉がしおれてしまうことがあるので、毎朝欠かさず潅水しないといけません。
一度葉がしおれて茎が下がってしまうと、葉が開いたままで、元通りシャキ!とまで復活しません。
そうなると生育(光合成?)を阻害してしまうように感じるので、そうならないよう毎朝潅水しています。
そのため、液肥より固形肥料の方が肥料の効き目をイメージできるので、液肥を使っていません。

上記を読み、チッソ分が2以下の肥料を探しにホームセンターに行くと、チッソ0のリンカリ肥料を発見。
大菊液肥PKも1個ありましたが保留。これは以前からの売れ残りで1,270円。帰宅後に調べると今は1,400円のようです。
葉が枯れた後からは大菊液肥PKが使えそうですが、今回はリンカリ肥料を購入してみました。
『花・実を充実』を書いてありますが、根張りが充実してこそ花と実が充実する分けですよね。
一度与えると何ヶ月有効なのか記してありませんが、庭の木々にも、追々色々試してみようと思います。face01



  


Posted by さくら at 11:59Comments(0)福寿草の勉強

2017年04月21日

クリスマスローズ

ずいぶん昔に両親が購入したモノの、ろくに面倒をみないのでやせ細り、
見るにみかねて私が面倒をみるようになったクリスマスローズですが、
もともと私に栽培の知識が無いこともあり、全然増えないし花も数輪しか付けたことがありません。昨年は1輪のみ。
そんな分けでBLOGネタとして登場しなかったのですが、今年は今までになく花を付けてくれました。
ウチのは花を付け難い淘汰すべき苗だと諦めていただけに嬉しかったです。face02



『今までと何が違ったのか?』と考えてみると、
液肥であるハイポネックスを、今までより濃いめに与えたことくらいです。
桜草やイカリソウ、イワヤツデ、シラネアオイなど山野草に合わせて極極薄く薄めて使ってました。
それを止めて濃いめに与えたところ、万年青(おもと)が急に成長したことがあり、
今までの薄い液肥は効果的ではなかったんだと感じたことがありました。
クリスマスローズは2014年から植え替えもしてませんので、それくらいしか思いつきません。
他の鉢へ与えるマグアンプの量も、いつも少な過ぎる傾向にありました。
栽培方法の未熟もあるのでしょうけど、今年は肥料多めを意識してみようと思います。

2016年01月03日「クリスマスローズ
2014年03月28日「クリスマスローズ 開花
2014年02月03日「クリスマスローズ 植え替え
  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17