2017年04月20日

福寿草 強風で折れる

18〜19日に掛けて吹き荒れた強風(最大風速16m)で、福寿草の茎が1本折れてしまいました(ねじ切れた感じ)。
福寿草の茎は一度折れると元に戻らず枯れてしまうので、切り取って、メガデールの溶液に注して置くことにしました。
種が実ってくれるのか、そのまま枯れてしまうのか、様子見ですね。


  


Posted by さくら at 17:00Comments(0)福寿草の勉強

2017年04月20日

イワヒバ 目覚め

ここ数日雨模様になりそうなので、軒下で冬眠させていたイワヒバを取り出し、目覚めさせました。

イワヒバは、東北地方では高山植物のように谷深い山奥に自生しているイメージがありますが、
対馬や四国などの高温多湿を好むシダ科の植物なので、暖かくなるまで冬眠させておくのが良いそうです。
それに習い、田植えが終わる頃まで軒下に仕舞っておき、2015年は5月15日、2016年は5月14日に目覚めさせましたが
我が家の庭は風通しが良過ぎて、海からの潮も飛んできてたようで塩害も生じていたなど、
イワヒバを栽培する環境には適してなかったようで、効果の程を感じませんでした。
そこで、2014年04月01日「イワヒバ 目覚めました」ほどではありませんが、早く目覚めさせることにしました。


軒下に置いておいたのですが、暖かい日に窓を掃除した際に水が掛かったのか、冬眠してない鉢もありました。
水分もそうですが、日光などほとんど無かったでしょうに、よく耐えて葉を広げていたものだと驚きです。


2015年秋、我が家の庭は風通しが良過ぎて、海からの潮で塩害を生じていた事実を知り、
イワヒバ栽培へのモチベーションが下がり、2016年はBLOGネタとして扱うことが少なくなりました。
イワヒバの生育は遅いと聞いていますが、
私が苗を譲渡した鶴岡の方の庭では、とても好い感じに大きく生長しており、
ウチの環境の悪さを痛感させられました。ウチの苗は何年経っても大きくなれません。face06

  


Posted by さくら at 11:59Comments(0)イワヒバ

2017年04月20日

トキワイカリソウ 開花

2017年04月13日「イカリソウ 開花」で紹介した
黄色いイカリソウの次に咲く白花トキワイカリソウが開花。


黄色いイカリソウは2015年04月10日にBLOGネタにしてあるので、3日遅めですが、
白花トキワイカリソウは2014年04月21日「トキワイカリソウ 開花」にBLOGネタにしてあり、開花はいつも通りという感じ。
↓2014年04月21日「トキワイカリソウ 開花」の画像:後ろに一足早く咲いたイワヤツデが写ってます。


2017年の酒田市のソメイヨシノの開花宣言は9日。
ここ数日フェーン現象で荒れた天候ですが、先週末お花見が出来るくらい咲いてましたから、
桜満開の時期にイワヤツデとトキワイカリソウが開花した感じですかね。  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他17