2016年09月09日

鮎釣り 天気予報に踊らされて

天候を気にする私は頻繁に天気予報をチェックしています。
ゲリラ豪雨が降れば河川が直ぐに濁流になってしまうので、特に今の時期は、オトリ交換の釣行は欠かせません。
川の状況が変わる前にオトリを確保しておきたいし、
増水したタイミングや、逆に引き水時に入れ掛かりになるので、次回のためにも元気なオトリは必需品。face01

朝は(天気予報と違って)快晴微風。庄内地方は風が吹きやすい地域なので、風がない時に釣っておくのが得策。
投網が入らない白泡の流れにオモリ2〜2.5号を付けて、じんわりと馴染ませ、止めておくとギュギュッとヒット。
陽の照り具合や時間帯で鮎の反応もさまざま。風が強まり曇って来たので、雨が降る前に撤収。
小さいのはリリースしながら、良いオトリ交換となりました。face02

今回お持ち帰りは7尾。60g級を2尾オトリに活かしておき、5尾を計測。
大きい2尾は21〜22cmで2尾合計自重176g=88g/尾。
残り3尾合計自重166g=55.3g/尾。


今日は晴れの予報ですが、昨日の午後よりも強風が吹くみたい。流石に風を斬るのは厳しそう。(^^;  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り