2016年09月04日

キジバト 警戒心強いつがい

今まで我が家の狭い庭にキジバトが来ることはありませんでしたが、
今年5月に巣を作ったことを機にキジバトが姿を現すようになり、餌付けが始まりました。
包卵中を野良猫に襲われて3個の卵は割れてしまい、親は何処かに去りましたが、
1羽で姿を見せる個体は巣作りした個体と思われ警戒心がそんなに強くなく、
庭の中を歩いているし、写真を撮ることが可能です。
しかし、ペアで姿を見せる個体の方は非常に警戒心が強く、直ぐに飛び去ってしまいます。
今回はそんなペアを写真に収めることができました。


そっと現れては餌を食べて飛び去るだけで、愛そうもない付き合いですが、
それでも茶の間に長く居るババには、気付くと居るキジバトは癒しになっているようで、それで十分です。
  


Posted by さくら at 18:00Comments(0)その他16

2016年09月04日

鮎釣り 終わり良ければ全て良し

台風10号通過後初の週末とあって、鮎師がけっこう出てきてます。
釣れないから移動しまくりのようで、車の駐車位置と鮎師の位置が随分ズレており、
渇水水位ということもあり、みなさん立て竿の泳がせ釣りをされています。
それが正解なんでしょうけど、オモリを使った引き釣りメインの私には、泳がせ釣りは辛抱が足りません。
勝負が早い引き釣りをするので、強引さが祟ったのか、オトリ1号は程なくして天に召されました。
オトリ2号を投入。オモリ0.8号を付けて辛抱の釣り。やっと掛かった個体は左目に針が刺さってました。

左岸立ちで右岸を攻めたいのに、左目をやられたオトリ3号はどうしても左岸に寄って行きません。
右岸立ちのポイントへ移動してネチネチやっていると肩掛かりで野鮎ゲット。こいつは次回のオトリに使うので保管。
オモリ1.0号を付けてオトリ3号を左岸立ちから左岸の絞り込みのポイントに送り込んで、背掛かりゲット。
今回はボーズを覚悟しただけに、次回のオトリ2尾を確保できただけで上出来です♪
ハミ跡はありますから、台風10号でまた水位が上がれば、釣れてくれることでしょう。

釣果3尾の内2尾を次回のオトリとして活かしておき、1尾だけ計測。
左目に針掛かりした個体は57g。3日前に釣ったオトリ2号は47g。




  


Posted by さくら at 04:04Comments(0)鮎釣り