2016年07月24日

鮎釣り

今日もまた山形ナンバーが先行していて(しかも2台)、いつものポイントに入れなかった。
そこで今日も初めてのポイントで竿を出すことにした。
初めての場所なので入川ポイント探しから始めて、瀬の上から釣行開始。
昨日より水位が10cmほど下がり、更に澄んでいました。
流芯は好い感じだけど全く反応が無い。ハミ跡はある・・・。
反応が無いまま徐々に下って行き瀬が終わり、瀞へと続く平瀬〜瀞瀬となった。
今日は針7号メイン。オモリ1号を付けて瀞瀬からの引き釣りで、
石1個1個に鮎が着いている感じでコンスタントに良型が掛かる。
ただ相変わらず追いが弱くアタリが小さく、ギュギューンと走り回るのはエラ〜心臓掛かりで
背掛かりした鮎でさえガガッとアタって動かないから、オトリの逆針が切れないほどでした。

本流の流芯では釣れず、瀞へと続く平瀬〜瀞瀬で入れ掛かりということは、
流芯に鮎が居ないということであり、釣れている鮎は放流鮎ということ。
濁りが取れて川底に見える小さい鮎が天然鮎でしょう。
今回は水位が下がったせいか、小さい鮎を5〜6尾はリリースして、
小さいけど黄色い追い星が出ていた個体はオトリとして使い持ち帰りました。

実釣3.5時間で持ち帰り31尾。昨日は3時間で28尾。
昨日と違ってケラレは激減しましたが、追いが弱いのでどの針が良いかは見つけられませんでした。


次回の釣行のためオトリ2尾を残しておき、29尾の重さを計測。
大きい方10尾で710g=71g/尾(今までの最高は昨日の10尾で630g=63g/尾)
次が10尾で585g=58.5g/尾。
残り9尾合計416g=46.2g/尾(右側の小さい3尾がおそらく天然物)
29尾合計1,711g=59g/尾(今までの最高は昨日の49.2g/尾)

  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り