2015年11月10日

中部天竜川の鮎

鮎釣りを話題にしたブログは数多くありますが、鮎の重さまで計測したサイトは非常に少ないです。
そんな中で「中部天竜川◎おとり鮎加藤◎ 〜カトちゃん日記」さんは重さも表記されておられたので、
重さからの全長と、全長からの重さの平均値を探って視ました、

中部天竜川◎おとり鮎加藤◎ 〜カトちゃん日記
2015/10/1(木) 「カトちゃん杯の結果報告

180〜189g=1尾合計180g/28.7cm
170〜179g=1尾合計171g/26.4cm
160〜169g=1尾合計166g/26.3cm
150〜159g=1尾合計153g/25.6cm
140〜149g=6尾合計859g/157.6cm=143.2g/26.3cm
130〜139g=3尾合計410g/79.4cm=136.7g/26.5cm
120〜129g=5尾合計626g/124.3cm=125.2g/24.9cm
110〜119g=6尾合計685g/148.7cm=114.2g/24.8cm
100〜109g=7尾合計734g/163.3cm=104.9g/23.3cm
90〜99g=11尾合計1,047g/249.9cm=95.2g/22.7cm
80〜89g=15尾合計1,285g/333.5cm=85.7g/22.2cm
70〜79g=14尾合計1,028g/295.5cm=73.4g/21.1cm
60〜69g=12尾合計779g/245.8cm=64.9g/20.5cm
50〜59g=4尾合計227g/78.1cm=56.8g/19.5cm
40〜49g=9尾合計398g/166.9cm=44.2g/18.5cm
30〜39g=3尾合計97g/50.7cm=32.3g/16.9cm
最大数値と最小数値である「180〜189g以下=1尾合計180g/28.7cm」と「30〜39g以下=3尾合計97g/50.7cm=32.3g/16.9cm」を除く95尾で釣果最大個体の平均値を計算。
95尾合計8,568g/2,121.3cm=90.2g/22.3cm

28.0〜28.9cm=1尾合計28.7cm/180g
27.0〜27.9cm=0尾合計0cm/0g
26.0〜26.9cm=10尾合計264.5cm/1,459g=26.5cm/145.9g
25.0〜25.9cm=8尾合計202.8cm/1,028g=25.4cm/128.5g
24.0〜24.9cm=7尾合計169.8cm/761g=24.3cm/108.7g
23.0〜23.9cm=6尾合計140.8cm/617g=23.5cm/102.8g
22.0〜22.9cm=21尾合計471.7cm/1,923g=22.5cm/91.6g
21.0〜21.9cm=13尾合計279.4cm/984g=21.5cm/76.7g
20.0〜20.9cm=14尾合計288.1cm/975g=20.6cm/69.6g
19.0〜19.9cm=9尾合計176.4cm/515g=19.6cm/57.2g
18.0〜18.9cm=7尾合計128.1cm/302g=18.2cm/43.1g
17.0〜17.9cm=2尾合計34.4cm/67g=17.2cm/33.5g
16.0〜16.9cm=1尾合計16.3cm/30g
最大数値と最小数値である「28.0〜28.9cm=1尾合計28.7cm/180g」と「16.0〜16.9cm=1尾合計16.3cm/30g」を除く97尾で釣果最大個体の平均値を計算。
97尾合計2,156cm/8,631g=22.2cm/89.0g

中部天竜川ha全体にスリムで、28.7cmといっても180gしかありません。
当日釣果の一番デカいサイズを計測していて100g以下の個体が多いのですから、庄内よりスリムな個体のようです。

先日の我が家の晩飯は、凍らせていた鮎を解凍しての、塩焼きでした。
一番手前の鮎にメジャーを当てると・・・20.5cmというところでしょうか。
全長20.5cmは「20.0〜20.9cm=14尾合計288.1cm/975g=20.6cm/69.6g」
重さは95gですから「90〜99g=11尾合計1,047g/249.9cm=95.2g/22.7cm」に該当します。


  

タグ :

Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り