2015年08月13日

鮎 赤川

12日06時40分から大粒の雨が降り始めました。9時までの累加雨量7mm。
この程度の雨量では鮎の活性に影響はないとは思いますが、濁りが出ない赤川へ鮎釣りに出掛けてみました。

赤川の鮎はデカいという話しでしたが、デカくなかったです。
渇水で水位が低いためにスリム体型で、100gを越える個体は居らず、大きい方5尾で460g=92g/尾。
小さいので76gくらいと型が揃っており、釣れているのは放流個体と言えそう。


長い間渇水のため瀬に居らず、水通しが良い浅い平瀬に居る感じで泳がせ釣りがメイン。
上記画像一番上の胸びれ下に腹掛かりした個体は、水深15cmの浅い葦際で釣りました。
ですが、ハミ跡が無くても、ちょっと水深ある流れの強い場所を、メタル0.04号+オモリ2.5号で攻めても釣れました。
・水中糸と針は何種類も準備しており、水中糸はポイントに合わせて張り換え、針は流速と水深に合わせて選んでいます。

なのに渇水でポイントが少なく釣果は伸びず、釣りして楽しいとは感じず、
「なんで赤川で水深15cmの場所をねちっこく攻めなきゃいけないんだ!」と、逆にフラストレーションが溜まります。
それでも釣場が近いから懲りずに釣行してしまうわけですが、
庄内へ鮎釣り遠征を考えている方は止めておいた方が無難です。
  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)鮎釣り