2014年06月13日

巣箱のスズメ

冬になると庭に餌台を設置するのですが、その時のスズメはちゅんちゅん煩いほど賑やかですが、
巣箱を利用しているスズメはとても警戒心が強くて、さえずりをせず静かで、シジュウカラとは大違いです。

シジュウカラは屋根の上から周囲を見渡して、素早く一気に巣箱に出入りしますが
スズメは巣箱より下の位置に止り、まるで敵を誘き寄せるかのように
ジジッ、ジジッ、ジジッ。と鳴いては待ち、鳴いては待ちを繰り返してから、静かに巣箱に入って行きます。
シジュウカラは猛禽類を、スズメは猫などを警戒しているかのようで、興味深いです。

シジュウカラは上空からやってくるので静かに下で待ち構えていれば撮影は容易でした。
スズメは巣箱より下に下り立って周囲を警戒するため人影に敏感で、撮影は困難でしたが、
今回カメラだけを突き出してやっと撮影することができました。
子育て時期のシジュウカラと比べたら出入りの回数が少ないので、ヒナが生まれたかどうかはまだ判りません。





  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)その他14

2014年06月13日

だし風&ベタ凪ぎ

昨日は餌の質が良かったのが幸いだった。雨&だし風&ベタ凪ぎだったが、18尾ほど釣れた。
仕掛けは砂ズリ1.8m+30cm毎に6本針=全長3.9m。
針は5号だが、小さい個体までも釣るための5号ではない。
大物を釣るために小針を使う鮎の友釣りみたいなもので、餌の漂いと吸い込みを意識してのこと。
オモリは抵抗が少ない8号にして、静かにサビく。
ベタ凪ぎなので海底の砂利or砂礫の感触が良く判ったので今後に役立てたい。
餌は未だたくさん残っている。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)その他14