2012年02月13日

帯笑園の桜草.3

帯笑園の研究も行われていました。

小野 佐和子 千葉大学大学院園芸学研究科・園芸学部 教授
庭園デザイン学研究室ホームページ:http://www.h.chiba-u.jp/teien/

論文を読んでみると、帯笑園の桜草の品種は300品種あったようです。
3-4月は桜草目当てで訪問者が多かった様ですが、それでも桜草の記述は少なく、
参勤交代で大名が立ち寄っても、桜草以外の植物の話しばかりで、桜草は所望&献上していない様子。
桜草愛好者が云い伝えている、『将軍が愛でたので武士階級に広まった』とは、とても思えない内容です。
小野教授の論文に桜草が登場しないということは、重宝がられてはいなかったんでしょうね。

帯笑園の桜草は、江戸から持ち込まれ、関西方面へ伝わった。と感じました。

松葉蘭なんて、この論文を読んで初めて知りました。
帯笑園を訪れる大名には、桜草より、松葉蘭に人気があったようです。
現在でもそうですが、桜草の開花期間が短過ぎるんですよね。



駿河原宿帯笑園の訪問者についてI : 東海道を往来する人々 110004701648.pdf
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004701648





帯笑園における鉢物献上について : 110004701759.pdf
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004701759




駿河原宿植松家の帯笑園(平成8年度 日本造園学会研究発表論文集(14)):110004305945.pdf
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004305945




帯笑園における高家大名等の訪問について(平成9年度 日本造園学会研究発表論文集(15))
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004305717

  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)日本桜草12

2012年02月12日

帯笑園の桜草.2

帯笑園の桜草の展示の様子をみますと、孫半土鉢が多く見受けられ驚きます。
使用されている鉢に注目してみても香炉型鉢が多く使われており
高鴨神社の桜草のように、古くから受け継がれた苗なのかと強く惹き付けられてしまいます。
鳥居恒夫氏が世話人代表を努めるさくらそう会の、
諸々悪しき影響は受けていないようで、安堵を覚えます。

鎌倉市は、湘南さくらそう会(鈴鹿冬三著『日本サクラソウ』138ページ掲載)。



Blog『あ〜あ、私、なにやってんだろ』さんより
2011/5/8(日) 帯笑園Ⅱ :http://blogs.yahoo.co.jp/karinn102001/24393531.html



Blog『右片痲痺主婦のおだやかな日々 日記』さんより
2012年01月01日「帯笑園」のこと。:http://atukom.seesaa.net/article/243800804.html
2010年04月29日
「帯笑園」に日本桜草観賞会に出かけました。:http://atukom.seesaa.net/article/148226752.html


↑一時は桜草は帯笑園から鎌倉へと移った桜草を、
平成15年に帯笑園へ里帰りさせた真野契子さんという方は、沼津日本桜草会なんですね。
一時鎌倉へ移った経緯をお伺いしたいものです。


↑此処でも気安く孫半土鉢を手に持っている。許可を得ているとは思うけど、
展示物を、生き物である植物の鉢を触ることは、マナー違反ではないだろうか。しかも貴重な孫半土鉢を。


Blog『Blog@お天気屋さん』より
2009.05.05 原の史跡散策:http://taitan.cocolog-wbs.com/blog/2009/05/post-959b.html
江戸時代には東海道随一の名園と言われていて、東海道を往来する大名などが立ち寄り、多くの書画や植物が収集・鑑賞されていました。こちらも普段非公開の庭園が一般公開されており、園内では琴の演奏や桜草の展示などが行われていました。


↑下段に変わった鉢が。


HP『芹沢光治良文学』さんより
帯笑園のさくら草:http://www.hi-ho.ne.jp/kstudio/kojiro/sakuraso.htm
『人間の運命』の石田家のモデルとなった植松家にある帯笑園のさくら草。『鈴の音』もここが舞台である。




HP『Welcome to Nago 家のサイトへ 2012』さんより
■4月29日 2010帯笑園:http://www.aiai.net/index.php?2010%E5%B8%AF%E7%AC%91%E5%9C%92

  


Posted by さくら at 19:00Comments(2)日本桜草12桜草の鉢

2012年02月12日

帯笑園の桜草.1

静岡県沼津市に帯笑園なる所があるそうな。
加藤亮太郎著『日本桜草』に
植:静岡県原町植松幹氏(昭和10年5月実際園芸)
それらを参考に作成された浪華さくらそう会 日本桜草総銘鑑では
植:植松幹 “実際園芸” 昭和10-5
と書かれ資料となっているお宅。でも個人邸宅の為、原則非公開。

パイプのんびり風呂 / Slownet SNS
2007年8月3日 – 帯笑園(沼津・原)
https://www.slownet.ne.jp/sns/members/mTfYK/blog/200708031333-2000000.html

Blog『龍さんのプログ』より 2008年4月 3日 (木)【ぶらり近くの東海道】原編Ⅴ
沼津市原にある帯笑園は、旧東海道の宿場町、原宿の豪農であった植松家の庭園として造園され、街道きっての名園といわれた庭園であり、多くの大名や公家たちが立ち寄ったと言う。(庭園、盆栽(松等)、桜草、マツバ蘭、オモト等の鉢物が有名)その美しさは幕末の博物学者シーボルトも絶賛したと伝えられています。当時の庭の在り方を示す、貴重な歴史資料ともいえる。
http://tryu.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_5a77.html

帯笑園保存会 会報:http://www.hara-numazu.jp/taisyouen/kaihou.htm
2005年06月26日 No. 001:http://www.hara-numazu.jp/taisyouen/001_kaihou.pdf
2006年01月04日 No. 002:http://www.hara-numazu.jp/taisyouen/002_kaihou.pdf
2007年01月27日 No. 003:http://www.hara-numazu.jp/taisyouen/003_kaihou.pdf






連合自治会/コミュニティ等からのお知らせです:http://hara-numazu.jp/osirase/
「帯笑園」見学会を以下の通り開催致します。
・平成17年(2005年) 4月17日(日):http://hara-numazu.jp/osirase/20050321/20050321.htm
日本桜草鑑賞会 午前9時から 申し込み不要。直接帯笑園へお越しください。



帯笑園と日本桜草鑑賞会
一時は桜草は帯笑園から鎌倉へと移ったが、平成15年、真野契子さんの尽力で帯笑園に里帰りすることができた。翌年の4月18日に第1回目の観賞会を開催し、年々見学者が増えている。
http://www.sizcom.jp/arekore/info/111-numazu.html

Blog『ある日ある時の想い』さんより
2010/05/24 シニアクラブ:http://barairohibi.blog5.fc2.com/blog-date-201005.html

  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)日本桜草12桜草の鉢

2012年02月11日

鎌倉本龍寺の桜草

鎌倉本龍寺の桜草、初めて知りましたけど、立派ですね〜♪

本龍寺(ほんりゅうじ)は神奈川県鎌倉市腰越にある日蓮宗の寺院です。
山号は龍口山と号し、本尊は大曼荼羅です。

「鎌倉 四季の花紀行 本龍寺紀行」さんより
いつも参道に鉢植えの植物が並べられて、住職さんの園芸好きが伝わってくるお寺です。
特に、サクラソウには熱の入れ方が半端じゃない程で、凄い種類が並んでいます。
あまり知る人はいないようで、ゆっくりと見学できます。
クリスマスローズも凄いそうなので、都合が付けば今度行ってみたいと思っています。
http://photograph.pro/jp/kamakura/enoden/honryuji.html



Blog『鎌倉の社寺をたずねて 本龍寺へいってみよう!』さんより
http://www.ricky-aoyagi.com/honryuji-100.html

  


Posted by さくら at 19:00Comments(0)日本桜草12

2012年02月11日

淡路島 温室植物園

何ともまあ奇抜な鉢ですね。初めてみました。
淡路島本福寺水御堂近くの温室植物園でのさくらそう展示会だそうです。 (^^;



Blog『修験講社大阪本山講』より
2010年04月04日(日) 散歩
平成22年4月3日淡路島本福寺水御堂近くの温室植物園に立ち寄り、
外来種でなく日本古来の桜草の鉢植えが展示されていました。
http://blog.zaq.ne.jp/syugen-syogoin/article/20/

  


Posted by さくら at 12:00Comments(0)日本桜草12

2012年02月10日

伝市窯の寸胴型鉢!

ネットサーフィンでみつけた伝市窯さんの画像の中に、寸胴型鉢らしきモノを発見。矢印の鉢です。


釉薬を塗った鉢が在るなら寸胴型鉢も在るのではないか。
製造していないとしても、在庫が残っているかもしれない。
昨日の今日で恐縮でしたが伝市窯さんへ電話してみました。
すると、再び市野伝市氏とおぼしき方が・・・。お忙しいところ恐縮です。kao11

「昭和50年頃に浪華さくらそう会が伝市窯で寸胴型5.5寸鉢を作ってもらったそうですが
 伝市窯では今も寸胴型鉢を作られておられるのでしょうか?」
「はいはい、作りました。今も注文があればお作りしますよ。」
face08 icon12

「注文するにあたって、最低何個から作ってもらえるのでしょうか?」
「1個からでもお作りしますよ。」
face03 icon12 icon14

「お値段は?」
「1鉢600円です。」
「昨日お伺いしたように、色を塗った場合は・・・。」
「1鉢1100円です、倍になります。」
face05 icon12 icon14 icon06

驚きました。
現在に措いて、入手可能なさくらそう鉢は、
・伝市窯の香炉型と丸型
・鳥居恒夫氏が世話人代表を努めるさくらそう会が公認鉢としている深谷の寸胴型鉢。
・石田精華園取り扱い信楽の桜草鉢(2色)
この4つしか選択肢が無いと思っていたのに
伝市窯の寸胴鉢5.5号?が入手可能だったとは!
さらに釉薬を施すことも可能とは ♪ kao2

しかも安い!
ネットショップでみていた伝市鉢は1鉢1100-1300円と高いイメージがありましたが
窯元では、安いんですね(『山野草とミニ盆栽』誌の通販が安い分けでなかったようです)。

最後に伝市窯のe-mail:qsms37022@maia.eonet.ne.jp が使えるのか訊ねたところ
使っているそうです。これからは e-mailを使おうと思います。


↑浪華さくらそう会会長山原氏のBlog『日本の桜草と美術』より
2010年11月25日 私の使用する桜草鉢:http://blog.livedoor.jp/yamaharanookina/archives/1531118.html  

タグ :伝市

Posted by さくら at 19:00Comments(0)桜草の鉢

2012年02月09日

色付き伝市鉢!

Blog『そうだ!丹波へ行こう』さんより
2011年09月26日 窯元紹介 其の拾弐
http://blog.livedoor.jp/tanbayaki_31th/archives/1630016.html


釉薬を施された伝市鉢香炉型をみつけ、ビックリ! face08 icon14
テンションがあがった私は伝市窯へ電話して訊ねてみることに。

年輩の方が電話に出られ、説明をしてくださいました。恐らく市野伝市氏ご本人かと。 kao11

伝市氏いわく
「見られたのは白ではなく、グレーとグリーンですね。」「黒もあります。」とのこと。
要望があれば、伝市釜の鉢であれば、釉薬を塗る事ができるそうです。もちろん丸形にも。
価格は香炉型でも丸形でも、5号鉢1100円、6号鉢1200円。
現在、黒い釉薬を施した香炉型5号-6号鉢とも在庫は在るそうです。

良いなあ、欲しいなあ〜。でも『山野草とミニ盆栽』誌にオーダーしちゃったんだよな・・・。
『山野草とミニ盆栽』誌通販コーナーでは、ノーマル5号2鉢で1400円、6号2鉢で1600円。
申し込みは2月末となってました。  

タグ :伝市

Posted by さくら at 19:00Comments(0)桜草の鉢

2012年02月05日

ウ泥のサクラ草鉢

楽天に『サクラ草鉢 受け皿付き ウ泥(5号)』という商品がありました。
伝市鉢だと思いますが、受け皿が良いですね。(^^)

  

タグ :伝市

Posted by さくら at 19:00Comments(0)桜草の鉢