2010年05月11日

故斎藤教頭先生宅

ず〜っと昔、最初に桜草をくださった故斎藤教頭先生宅を訪問した。
奥さんはご健在で、色々と話しをしてきた。
故斎藤教頭先生の遺品の中に桜草に関するノートが出てきたりして
「これは参考になるかも、とよけて置いていたら逆に無くしちゃって。(笑)」
等々、気に掛けてくだっていて感謝感謝です。

奥さんは桜草アレルギーで、一度酷い目にあったとかで、庭いじりができません。
閑話
桜草アレルギーなんて知りませんでしたからネット検索すると
日本桜草はなく、犯人は西洋サクラソウ=マラコイデス、プリムラオブコニカなどのようです。
奥さんは医者から「桜草アレルギー」と診断されたので、日本桜草が原因だと思ったみたい。
プリムラオブコニカ、故斎藤教頭先生宅の庭にも咲いてました。
日本桜草愛好会は医学会へ「桜草アレルギー」の改名を求めましょう!!
以前も書きましたが、園芸店では
西洋サクラソウ、サクラソウという表記を止めて、正しい品種を標示してほしいものです。
閑話休題
庭に僅かに残っている桜草の中に、‘駒止’or‘御殿桜’を発見。
昨年も1輪しか残っていなかった‘かがり弁’の苗と一緒に貰ってきました。

掘り起こす時、庭の土の硬いこと硬い事。それでいて妙に粘り、ほぐれない。
ぱっと見た目は砂地なんだけど、なんか粘土みたいに粘り、
桜草の根には雑草の細かい根が薄い布が編み込まれているかのように絡まっていました。

‘駒止’or‘御殿桜’は1芽だけなので駄温4号鉢へ植えました。
来年色々見比べる材料の1つになればと考えています。
‘かがり弁’の苗も1芽だけなので駄温4号鉢へ植えました。
こちらは花央の目の色が青紫なので‘楊柳の笛’だと思います。


本当は上記2芽だけほしかったのですが、土が硬くて、
芽の周りの土と一緒に小さな芽が3-4芽混じっていましたので、まとめて駄温4号鉢へ植えました。
当然の話しですが、土が硬いと根は伸びないし広がりませんね。



  


Posted by さくら at 21:47Comments(0)日本桜草10

2010年05月11日

酒田Iさん宅

昨年、高根の雪と銀世界、都桜を譲渡してくださったIさん宅を訪問した。
庭では今が盛りと桜草が綺麗に咲いていた。

昨年見た白花は、やはり白滝だと確信した。
「あげようか」と言ってくださったけど、確信が持てたのでお断りした。
もう1つ、昨年譲渡していただけなかった花は、
北斗星か鹿島か判らなかったので頂戴してきた。
昨年より花が小さく感じたが、ウチのと見比べると‘北斗星’のようだ。


Iさん宅もプランター栽培だが、長年植え替えしていないので根が混んでしまっている。
‘北斗星’をいただく時にはご主人が4芽掘り出してくれたのだが
帰宅して植え替えの時に見てみると、根がついていないのが1本在った。残念。
根が混んでいたから掘り出す際に根茎が折れてしまったようだ。ゆえに花は1輪。他は花茎無しが2芽。


  


Posted by さくら at 20:54Comments(0)日本桜草10

2010年05月11日

遊佐町大楯

桜草が自生していたという遊佐町大楯へお邪魔してきました。
昨年「これ(庄内白)は、おれが採ってきたんだ。」と言われたので
今年もお邪魔したのですが、オヤジさんは留守で奥さんが対応してくれました。

「こんなオヤジさんが採てきたんだろ?」
「んね。違う。そんなは本物ではね。」
「えっ?! 去年採てきたんだと言ったけよ。」
「んね。そんなではね。」
「えっ、この白い桜草は貰たなが?」
「んだ。」「あっちゃ在る赤いのが本物だ。」
「こっちの赤(庄内紅)は本物(自生地からの採取品)でねなが?」
「んだ。あっちなだ。」

が〜ん、ショック!face07
でもまだ確定ではないのでは、また訪問してオヤジさんからも話しを聞きたいと思います。

「かあちゃんは、田もとさ咲いっだどこ見たごとあるが?」
「んね。」「めはの、咲いっだもんだど。」
「なして見だごどねな?」
「おいは○○から嫁いできたんだもの。」
奥さんは月光川右岸地区の集落出身で、そっちには自生していなかったそうです。
嫁いできた年代を訊ねていませんが、嫁がれてきた時には、自生地は無かった。
ということですね。

↓これは出席した結婚式場のテーブルに置かれていたのを貰ってきて植えた桜草だそうです。
大きな花径で白鷲ではないかと思えました(画像の下に庄内白が1輪写っています)。

  


Posted by さくら at 20:28Comments(0)日本桜草10

2010年05月11日

遊佐山野草展示会

遊佐町の山野草展示会が5月8-9日と開会されicon01
春を待ち焦がれていたように、大勢の人で賑わっていた。face01

桜草は昨年同様品種は5-6種類。
庄内紅。庄内白。延岡。南京小桜。
(延岡は勘違いかもしれない。延岡ならRさん宅にもあり、庄内の桜草は何所かで繋がっている気がする)
名札が無いけど松の雪か青柳染。名札が無いけど雪月花。
遊佐町には白花が2種類あるのは知っていたが、今回それの品種を知ることができたのは幸いだった。

ただ少し残念なのは、遊佐町産の桜草が単純に展示物であったことです。
櫛引町産と称した庄内紅を持ち込み、
「櫛引町と遊佐町の桜草は、此処が違う。」など、
些細な違いを紹介するなんて、どうでもいいこと。
遊佐町の家では随所で桜草が栽培されていますが、自生してたことは余り知られていませんので
遊佐町に桜草が自生していたということを、
もっと全面に押し出してPRしても良いのではないでしょうか。

町内を流れる八ッ面川にはイバラトミヨが生息しているわけですから、
将来的には八ッ面川沿いに遊佐町産庄内紅を植えて増やすとか、
遊佐の自然を活かすPRへも繋がったら面白いのに。と思えました。

遊佐の図書館脇にあった桜草の花壇は、移動になったそうです。
公民館や体育館も近くにあるので、身近で良い場所と思っていたのに残念です。
告知の張り紙に『環境に適さない』と書かれており、意外でした。
だって、此処は花壇であり環境など無縁のはず。
問題は花壇が砂地で、毎日の水やりなど、世話をみる人がいなかったこと。
『環境に適さない』って、自生地復活でも目指していたのかしら。
故安野先生宅のようにミョウガと共生させるとか
花壇の上に棚を作り藤やキウイなどをはわせるとかで、改善できたと思います。
移転先のしらい自然館では、
野外学習にやってきた子供たちの教材としても、役立ってほしいと願っています。






  


Posted by さくら at 19:43Comments(0)日本桜草10