2010年02月11日

今更ですが.20

サクラソウ127園芸品種の葉緑体DNA型(ハプロタイプ)『品種識別、親子関係、由来に関する情報』
最後となったハプロタイプ γは、61品種もあるので、数回に分けて記していきたいと思います。
今回は2倍体の長花柱花18品種中調べ終えた10品種を掲載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

京鹿子 γ 2倍体 長花柱花 ?
(鈴鹿162ページ「京鹿子」:紅なでしこ咲中輪)
(鳥居23ページ「京鹿子」:長柱花 江戸末期か?。類似品種「寿」「京撫子」「紅かがり」。かがり弁平咲き)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

香炉峰 γ 2倍体 長花柱花 江戸(文化) 表裏とも純白つかみ垂咲大輪やや狂咲、越路の雪と同じ可能性
「今更ながら.18」白珠に記載済み
http://nihonsakurasou.n-da.jp/e131984.html

白珠 γ 3倍体 長花柱花 昭和37年 松木俊一 「越路の雪」の実生
(鈴鹿140ページ「白珠」:松木俊一氏作 戦時中の作出であったが、同氏が戦後に命名されたものでである。)
(鳥居60ページ「白珠」:僅長柱花 昭和37(1962)年 松木俊一発表 類似品種記載なし。)

鳥居氏は「白珠」が「越路の雪」の実生であることは触れていない。図鑑とし不親切。

(鈴鹿163ページ「越路の雪」:白大輪筒薄藤色)
(鳥居58ページ「越路の雪」:僅長柱花 江戸末期 類似品種なし。「田子の浦」「香炉峰」の名で存在するものは同品種。)
(鈴鹿164ページ「田子の浦」:雪白つかみ咲大輪)
(鈴鹿151ページ「香炉峰」:白色系中の名花で、文化年間に記録があります。10数年前に、愛好家の間で間違ったものがつくられており、本ものを配布す るために毎年10数鉢も育てて増殖につとめた思い出があります。)
(鳥居「田子の浦」「香炉峰」記載なし)

鈴鹿氏の「香炉峰」を思い出話しの原因は、鳥居氏と東京のさくらそう会が原因だということを、鳥居氏の此処までの文面から、今更ながら気づきました。
大城氏が記してる事項は、『「田子の浦」「香炉峰」の名で存在するものは同品種』とも書いてませんし、鈴鹿氏の著を参考にされてものでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

紫雲竜 γ 2倍体 長花柱花 江戸後期 (天保) 「紫雲」「紫雲山」は同品
(鈴鹿163ページ「紫雲竜」:表白裏薄紫切咲中輪)
(鳥居114ページ「紫雲竜」:長柱花 江戸末期 類似品種記載なし。紫雲、紫雲山というのは同品で、誤称である。)

異名同種と言わず、『誤称である。』と記している。鳥居氏の使い分けの基準が解らない。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

青海原 γ 2倍体 長花柱花 江戸後期 (天保)
(鈴鹿155ページ「青海原」:天保時代の作出。表白裏青紫の星咲き(五尖状咲き)。)
(鳥居112ページ「青海原」:長柱花 江戸末期 類似品種記載なし。
 花形は星咲き、または、五尖咲きと表現され、このタイプの代表品種。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

越路の雪 γ 2倍体 長花柱花 江戸後期 「田子の浦」「香炉峰」現存品はまずこれ。「白珠」の親
「今更ながら.18」白珠に記載済み
http://nihonsakurasou.n-da.jp/e131984.html

白珠 γ 3倍体 長花柱花 昭和37年 松木俊一 「越路の雪」の実生
(鈴鹿140ページ「白珠」:松木俊一氏作 戦時中の作出であったが、同氏が戦後に命名されたものでである。)
(鳥居60ページ「白珠」:僅長柱花 昭和37(1962)年 松木俊一発表 類似品種記載なし。)

鳥居氏は「白珠」が「越路の雪」の実生であることは触れていない。図鑑とし不親切。

(鈴鹿163ページ「越路の雪」:白大輪筒薄藤色)
(鳥居58ページ「越路の雪」:僅長柱花 江戸末期 類似品種なし。「田子の浦」「香炉峰」の名で存在するものは同品種。)
(鈴鹿164ページ「田子の浦」:雪白つかみ咲大輪)
(鈴鹿151ページ「香炉峰」:白色系中の名花で、文化年間に記録があります。10数年前に、愛好家の間で間違ったものがつくられており、本ものを配布す るために毎年10数鉢も育てて増殖につとめた思い出があります。)
(鳥居「田子の浦」「香炉峰」記載なし)

鈴鹿氏の「香炉峰」を思い出話しの原因は、鳥居氏と東京のさくらそう会が原因だということを、鳥居氏の此処までの文面から、今更ながら気づきました。
大城氏が記してる事項は、『「田子の浦」「香炉峰」の名で存在するものは同品種』とも書いてませんし、鈴鹿氏の著を参考にされてものでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

十二単 γ 2倍体 長花柱花 江戸後期 「嵩山」「花の宴」と同品
(鈴鹿157ページ「十二単重」:「大力無双」の狂い咲きでなくなったものではないかという説が多い。)
(鳥居30ページ「十二単」:長柱花 江戸末期 類似品種「紅女王」「玉芙蓉」。
 「十二一重」とも書かれた。嵩山、花の宴で存在したものは同品種。)

(鈴鹿153ページ「大力無双」:「十二単重」はこの「大力無双」の狂い咲きがなくなったものではないかという説が多い。)
(鳥居30ページ『大力無双』の項:フリジンのない抱え咲きの株が出ることがあり、これを「十二単」と呼んでいる。)

浪華さくらそう会の山原氏のBlogだったと思うが、下記のような一文があった事を書き加えておく。
「日本桜草 嵩山(すうざん)」は花は裏は紅色で表は曙白の長柱花。浅かがり弁で深抱え咲 き。「大力無双」から生まれた品種で栽培し易い。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三保の古事 γ 2倍体 長花柱花 江戸後期「天女」の親。交配親に多用
(鈴鹿148ページ「三保の古事」:昔からの名花の1つ。性質は弱く、繁殖力も悪く、多湿を嫌います。)
(鳥居37ページ「三保の古事」僅長柱花 江戸末期類似品種「鞍馬」。繁殖力はあるが、性質が弱くて、株を維持できる人が少ない。)

「今更ながら.14」鞍馬の項に記載済みなので割愛。
http://nihonsakurasou.n-da.jp/e131188.html

「今更ながら.18」天女の項
http://nihonsakurasou.n-da.jp/e131984.html
天女 γ 3倍体 短花柱花 昭和57年 中村長次郎 「三保の古事」の実生
(鈴鹿147ページ「天女」:中村長次郎氏作出命名。昭和42年播種、45年作出された優秀花です。親は「三保の古事」で短柱花です。)
(鈴鹿141ページ「天女」:「三保の古事」の実生。昭和四十四年選出。)
(鳥居102ページ「天女」:短柱花 1982年認定中村長次郎発表 類似品種記載なし。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

獅子奮迅 γ 2倍体 長花柱花 江戸後期 稀に獅子咲きでない花あり
(鈴鹿152ページ「獅子奮迅」:江戸時代の古花。「大力無双」とともに、豪快な感じの花)
(鳥居27ページ「獅子奮迅」:僅長柱花 江戸末期 類似品種「百千鳥」。フリジンのない花も出現し、これは「百千鳥」の名で存在する。)

(鈴鹿「百千鳥」記載なし)
(鳥居27ページ「百千鳥」:僅長柱花 江戸末期 類似品種「獅子奮迅」)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

芙蓉 γ 2倍体 長花柱花 江戸後期
(鈴鹿「芙蓉」記載なし)
(鳥居65ページ「芙蓉」:僅長柱花 江戸末期 類似品種記載なし。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旭鶴 γ 2倍体 長花柱花 明治 「朝日鶴」とは別、「入日の灘」と同じ可能性
(鈴鹿159ページ「旭鶴」紅底白大輪。現存している旭鶴とは異なる。)
(鳥居142ページ「旭鶴」:長柱花 明治中期 類似品種「薫る花風」。
 もとの名は入日の灘であったが、いつごろからか旭鶴の名で流布した。
 朝日鶴は紅花で現在、この名称では存在しない。)

(鳥居41ページ『紅天鳴鶴』の項:古くに「朝日鶴」と呼んだものは同品である。)
(鈴鹿「朝日鶴」記載なし)
(鈴鹿「入日の灘」160ページ朱鷺色大輪)

鈴鹿氏が『現存している旭鶴とは異なる。』と明記した品種を
鳥居氏は『「旭鶴」である』と同定して、東京のさくらそう会は誤ったまま流布しているようだ。

「今更ながら.16」薫る花風
http://nihonsakurasou.n-da.jp/e131717.html
薫る花風 γ 長花柱花 江戸後期 (天保)
(鈴鹿161ページ「薫る花風」:鴇色大輪)
(鳥居142ページ「薫る花風」:長柱花 江戸末期 類似品種「旭鶴」。) 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  


Posted by さくら at 18:08Comments(0)日本桜草について

2010年02月11日

今更ですが.19

サクラソウ127園芸品種の葉緑体DNA型(ハプロタイプ)『品種識別、親子関係、由来に関する情報』
最後となったハプロタイプ γ は、61品種もあるので、数回に分けて記していきたいと思います。
まずは2倍体の短花柱花と等花柱花10品種を掲載します。

西王母   2倍体 短花柱花 江戸後期 (天保)
一念力   2倍体 短花柱花 江戸後期?
通小町   2倍体 短花柱花 江戸後期
天が下   2倍体 短花柱花 明治
人丸    2倍体 短花柱花 明治後期 溝口正直
初桜    2倍体 短花柱花 昭和30年 高木勇 自然に結実
春裳    2倍体 短花柱花 昭和56年 峰岸優
白鷹    2倍体 短花柱花 昭和57年
唐縮緬   2倍体 等花柱花 江戸後期
初姿    2倍体 等花柱花 昭和30年 高木勇 昭和20年以降にできた実生新花第1号。自然に結実。

ハプロタイプ γ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

西王母 γ 2倍体 短花柱花 江戸後期 (天保)
(鈴鹿144・164ページ「西王母」桃色内曙白狂咲大輪)
(鳥居81ページ「西王母」:短柱花 江戸末期 類似品種記載なし。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一念力 γ 2倍体 短花柱花 江戸後期?
(鈴鹿160ページ「一念力」紅表白曙白大輪)
(鳥居74ページ「一念力」:短柱花 江戸末期 類似品種記載なし。
 江戸時代の桜草の姿をよく残している。たいせつに伝えたい品種だが、注目する人が少ない。)

『江戸時代の桜草の姿』とは、鳥居氏の主観でしかないのだろうが、何を基準にどういうのを言っているのか分らない。
『注目する人が少ない』ということはないだろう。愛好者のHPやBlog、園芸店の通販でもよくみかける普及品種に思える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

通小町 γ 2倍体 短花柱花 江戸後期
(鈴鹿162ページ「通小町」薄色表白大輪)
(鳥居129ページ「通小町」:短柱花 明治後期か 類似品種「藤娘」「艶姿」。)
(鈴鹿166ページ「藤娘」表白裏薄藤色大輪)
(鳥居132ページ「藤娘」類似品種記載なし:過去には「通小町」を「藤娘」として栽培する人が多かったが、最近はほとんどないようである。)

大城氏と鳥居氏では、作出年代に差がありますね。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

天が下 γ 2倍体 短花柱花 明治
(鈴鹿159ページ「天ケ下」桃色内白狂咲)
(鳥居73ページ「天が下」:短柱花 明治後期 類似品種掲載なし。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人丸 γ 2倍体 短花柱花 明治後期 溝口正直
(鈴鹿165ページ「人丸」桃色最大輪)
(鳥居89ページ「人丸」:短柱花 明治38(1905)年溝口正直発表 類似品種「槙の尾」。
 はじめは折紙道具の名称で呼ばれた。現在の人丸となったいきさつは不明である。)

これが本当の解説文ですよ。(^^)
鳥居氏と東京のさくらそう会が、いきさつ不明を理由にして、原名に戻して品種認定しなかったのは幸いでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初桜 γ 2倍体 短花柱花 昭和30年 高木勇 自然に結実
(鈴鹿165ページ「初桜」裏桃色表曙白。)
(鳥居100ページ「初桜」:短柱花 大正年間 永井誠也発表 類似品種「花車」。花弁は桃色、表は曙白。)



鳥居著「色分け花図鑑 桜草ー名前の由来と品種がわかるー」で、「初桜」は『大正年間 永井誠也発表』だが
大城氏には『昭和30年 高木勇 自然に結実』と記載されている。
鈴鹿著「日本サクラソウ」では、122ページ『大正時代以降のサクラソウ愛好者』の項に、
永井誠也氏の名前が記載されているのみで、永井誠也氏の作出品種が記載されていないのが残念。
鈴鹿著「日本サクラソウ」140ページ『戦後(昭和20年以降)に作出された新花の紹介』の項に高木勇氏が紹介されているが、
「初姿」は記載されてあるが、「初桜」の記述はない。


改めて大城氏の『品種識別、親子関係、由来に関する情報』をチェックしてみると
http:/www.nourin.tsukuba.ac.jp/sakurasou/data/type.pdf
「初姿 γ 2倍体 等花柱花 昭和30年 高木勇 昭和20年以降にできた実生新花第1号。自然に結実。」と在りました。
(鈴鹿140ページ『高木勇氏の作出』「初姿」表白裏薄紅紫のつかみ垂れ咲大輪。)
(鳥居86ページ「初姿」同長花 1955年 高木勇発表 類似品種記載なし。
 昭和30年、戦後に発表された実生新花の第一号。)

webで検索してみましたが情報が無く、「初桜」の作出者が高木勇氏か永井誠也氏か、私には分りませんでした。
鳥居氏が色々述べておられますが、「初桜」に同名異種が存在するようでもあり、解読できません。

(鈴鹿「初鳥」掲載無し)
(鳥居42ページ「初鳥」類似品種 こぼれ紅。
 かつてはこれが初桜の名で存在したが、この品種は別に本物があり、記録を調べて「初桜(100ページ)」に相当するこが判明した。)
(鳥居87ページ「花車」類似品種「初桜」)
(鳥居51ページ「こぼれ紅」類似品種「初鳥」)




【 浪華さくらそう会長山原氏の『今更ながら.16』のコメントより抜粋。】
「初桜」は鈴鹿さんの『素人日本さくらそう』(ひかりのくに)には‘作出者は知らない’とあります。
鳥居氏の言う通りかも知れませんが、出典は知れません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春裳 γ 2倍体 短花柱花 昭和56年峰岸優
(鈴鹿141ページ「春裳」:著者も栽培しているが、まだ花をみていない。)
(鳥居46ページ「春裳」:短柱花 1982年認定 峰岸優発表 類似品種「春告鳥」)

(鈴鹿140ページ「春告鳥」:尾崎康一氏の作出。)
(鳥居46ページ「春告鳥」:僅長柱花 1982年認定 尾崎康一発表 類似品種「春裳」)

鈴鹿著「日本サクラソウ」は昭和51年(1976年)第1刷発行。
「春裳」「春告鳥」の具体的な作出年代は知りませんが、
東京のさくらそう会認定年代を作出年代として表記するのは、
作出者の峰岸優氏と尾崎康一氏に対して失礼な話しである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白鷹 γ 2倍体 短花柱花 昭和57年
(鈴鹿「白鷹」記載なし)
(鳥居68ページ「白鷹」:短柱花 昭和前期か。類似品種記載なし。
 白鷲に似るが、花は少し小型で、花茎も低く、普通の2倍体である。
 白鷲、白鷹として伝わっていたものは、同じ品種であったので、これは白鷲に統一したが、
 白鷲とされたなかに、別品があることを発見し、これに白鷹の名を復活させたのが、現在の品種である。)

鳥居氏と東京のさくらそう会は身勝手な独自の判断で「白鷲」「白鷹」を同品種と認定してしまったが
違いに気づき「白鷹」の名を復活できたのは幸いであった。
古典園芸の歴史を無視した身勝手で独自な判断の危険さを露呈した例といえよう。
作出年代は、大城氏は「昭和57年」で、鳥居氏が「昭和前期か」となっている。
鳥居著「さくらそう」1985年で鳥居氏は「昭和57年東京のさくらそう会認定」とでも記載しているのかもしれない。

「白鷲」「白鷹」を同品種と誤って認定しておきながら、『類似品種記載なし』とは、滑稽である。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

唐縮緬 γ 2倍体 等花柱花 江戸後期
(鈴鹿154ページ「唐縮緬」:花付きよく性質も強い。)
(鳥居31ページ「唐縮緬」:同長柱 江戸末期 類似品種「紅天鳴鶴」「東鏡」。
 芽はよくふえるが、肥培しないとよく花が咲かず、栽培の力量がためされる品種。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

初姿 γ 2倍体 等花柱花 昭和30年 高木勇 昭和20年以降にできた実生新花第1号。自然に結実。
(鈴鹿140ページ『高木勇氏の作出』「初姿」表白裏薄紅紫のつかみ垂れ咲大輪。)
(鳥居86ページ「初姿」同長花 1955年 高木勇発表 類似品種記載なし。
 昭和30年、戦後に発表された実生新花の第一号。)

上記「初桜」の項に記したので割愛。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  


Posted by さくら at 12:10Comments(0)日本桜草について