2009年11月11日

ブラックバス駆除

11月8日の河北新報に
外来魚駆除、シビレる成果 電気ショッカーで感電作戦
という記事が載りました。

電気ショッカーボートは外来魚駆除に効果てきめんですが、450万円と高額。
以前は北海道に1艇しかなかったため、各地で使われる事は叶いませんでした。
でも、宮城県とはいえ東北にも導入されたことで、
ブラックバスなど外来魚駆除も大きく前進することでしょう。face05

ブラックバスは生態系を崩す害魚です。
ブラックバスは、ブラックバス釣りを楽しむ愛好者の手により各地に放流され増えてしまった魚です。
ブラックバス釣りを楽しむ行為は、生態系破壊を担う事につながり、健全な娯楽ではありません。
ブラックバス釣り愛好者がいたら、ブラックバス釣りそのものを止めるよう、声を掛けてください。
釣り禁止、立ち入り禁止とか関係無く、ブラックバス釣りそのものが良くないのですから。

その一声が、
メダカやトンボ、ホタル、ゲンゴロウ、カエルやサンショウウオ、沢カニなど
身近な生き物を救うことにつながります。



2009年11月11日毎日新聞に、同じブラックバスなど外来魚駆除対策の
諏訪湖:電気ショック船で外来魚駆除 漁協、年度内にも導入検討 /長野
という記事が載りました。
こちらでは北海道から電気ショック船を借りて、今回諏訪湖で駆除を行い、
3日間で総重量274キロを駆除したそうです。
諏訪湖漁協では外来魚駆除に毎年数百万円を費やしていたそうで、
ブラックバスなど外来魚の被害額は、相当な金額になっていたことでしょう。
電気ショック船1艇450万円は決して安い金額ではありませんが、十分見合う価値があります。
それに、ブラックバス釣り愛好者への抑止に、大きく働いてくれることでしょう。face02  

タグ :環境

Posted by さくら at 19:24Comments(0)その他09

2009年11月11日

迷惑行為

今朝の山形新聞に、
西蔵王公園の芝生広場にタイヤ跡 山形・進入禁止破り何度も旋回
というニュースが載っていましたが、
こういうことは起きるべくして起きた事件で、今後も起こる事例でしょう。

今回は被害者がおり、警察へ被害届をだしたことでニュースになりましたが、
被害額も被害者も生じていませんが、
海岸での4WD自動車での暴走
雪山でのスノーモービル
海や川でのジェットスキーなどが、今回の事件につながっているのです。

俺だけじゃない。
他にも走っている。
走行禁止、立ち入り禁止じゃないんだろ。何が悪い。
なんでお前に注意されなきゃいけないんだ。

砂浜を走れるよう改造した4WD自動車やスノーモービル、ジェットスキー愛好者は屁理屈を述べますが
走行しても良いという許可がでている分けではないことも確かです。
改造した4WD自動車やスノーモービル、ジェットスキーなどは
サーキット場やモトクロス場のように、
自分たちで走行許可を得たエリアを造り、そこで楽しむべきなんです。

こういう事件は、周囲の人たちも、もっと積極的に注意していく必要があると考えます。
黙認することは、禁止事項以外はやっていいんだという思考を肯定してしまうからです。
これは規則や法律遵守の問題ではなく、モラルの問題です。
みんなで声を掛け合い、静かで住み良い環境を構築していきたいものです。


  

タグ :モラル

Posted by さくら at 18:43Comments(2)その他09砂丘