2008年10月29日

本当だけど嘘

昨夜の掲載で、私『西通川にメダカは居なかった。』と書きましたが、西通川には以前からメダカは居ました。どういうことか説明する前に、西通川を簡単に説明させてもらうと、1601年に米など物資を運ぶために造られた、日向川と月光川を結んだ運河が西通川なんです。

上記の説明を聞けば、1本の川のように受け取れますが、
実は西谷地地区の橋の下で流れが分断されており、繋がっていません。

西谷地地区から月光川へ流れる北側は
月光川土地改良区の管轄で、
月光川から取水された水が流れおり、月光川水系になります。
西谷地地区から日向川へ流れる南側は
日向川土地改良区の管轄で、
日向川から取水された水が流れおり、日向川水系になります。

つまり西通川は、水源と流れる方向が違う2本の川(水路)なんです。



説明がややこしくなるので、西谷地地区から月光川へ流れる北側を北西通川、西谷地地区から日向川へ流れる南側を南西通川と、此処では勝手に呼ばせてもらいますが、月光川水系の北西通川には西遊佐小学校が放流するまでメダカは居なかった。でも日向川水系南西通川にはメダカは居ました。と私は言っているのです。

でも現実は、河川名は西通川一つなので、南西通川で採捕したメダカを「西通川のメダカです」と呼んでも、嘘ではありません。でも、その説明を受け取った側の心情としては、北西通川のメダカ=日向川水系のメダカを月光川水系のメダカと解釈してしまっているわけで、虚偽ですよね。その結果、善意の環境偽装を招いたと私は危惧しているわけです。

私の勝手な呼称を用いて説明すると、西遊佐小学校の総合学習は「命あふれる北西通川にしたい」となります。西通川という名称は、土地改良区の管轄も違うわけですから、区別できるよう変更するのも一考ではないでしょうか。  

タグ :メダカ

Posted by さくら at 13:06Comments(4)その他08

2008年10月29日

危惧すべき事態

10月27日(月)の山形新聞に、
用水路に居たイバラトミヨを救出した
という微笑ましい記事が載っていた。
http://yamagata-np.jp/news/200810/27/kj_2008102700439.php




イバラトミヨ救出の事実は、実に微笑ましい話題だが、記事に一点危惧すべき箇所があった。
『去年夏には中心市街地の内川で64年ぶりに発見されており、云々。』という記述だ。



このBlog内で以前書きましたけど、イバラトミヨは内川の上流の青龍寺川の上流の板井川に生息しており、板井川から青龍寺川を通り、丸岡地区にある丸岡放水路を抜け、内川に迷い込んでいる事実は平成10年12月に確認されており、その事は平成12年10月に発刊された庄内淡水魚探訪記(鶴岡淡水魚夢童の会 岡部夏生著)に掲載されている。また、私も内川で何尾も採捕している。逆に64年ぶりの発見である証拠を示してほしい。

加茂水族館の奥泉副館長が最後にコメントしているじゃないですか、「水草類が繁茂した上流部で育ったものが流れてきたのだろう。」って。



結局は、昨年内川でイバラトミヨを採捕した取材の際、「64年ぶりに発見」と言った方の発言を、山形新聞の記者が、事実として掲載したことが発端なのだ。「64年ぶりに発見」と掲載された記事があれば、今回の記事に引用しても、誤りではないもんね。「64年ぶりに発見」と言った方が居るのは事実なんだけど、誤りであり過ちなのだ。

西遊佐小学校が、西通川のメダカを育てたけど、西通川にメダカは居なかった。その後、西遊佐小学校の生徒が自分たちが育てた『西通川のメダカ』を西通川に放してしまったので、今となっては西通川にメダカは居なかった証明はできませんが、「西通川のメダカです」と言って提供した人物の言葉だけは、西遊佐小学校の生徒たちと新聞記事などに残って行くわけです。

環境偽装表示のままで、良いんだろうか。  


Posted by さくら at 00:16Comments(0)その他08