2007年11月03日

十の沢池

10月28日に鶴岡市大山地区の十の沢池で、ブラックバス駆除が行われました。
http://mytown.asahi.com/yamagata/news.php?k_id=06000000710290001



今回の駆除したブラックバスは30センチ以上が41尾、25-30センチ82尾など合計1400尾採捕されたそうです。約1277尾が計測するのも面倒な小さな個体ということになります。



新聞記事によると「恐ろしく単純な生態系だ」と驚く関係者のコメントが書かれていましたが、『恐ろしく単純な生態系』にしてしまったのは、01年11月3日のブラックバス駆除も要因の一つです。

01年11月3日の駆除では、堤の排水口に網を張ることもせず、堤の魚を事前に救出することもせず、水とドロと一緒に全部を下流へ排出したのです。赤川河口域でサクラマス釣りをされている方なら記憶に残っていると思いますが、02年にサクラマス釣りの外道として、赤川河口域でブラックバスが釣れたのは、これが原因です。また、排出されたドロは下流の水路を埋め尽くし、モツゴやタナゴ、ザリガニを激減させました。水路は農業用水路でもありますから、その後ドロ揚げも行われ壊滅的な打撃を受け、今に至ります。

ブラックバスの密放流は、密放流された堤だけではなく地域住民をも巻き込み、下流域の生態系にまで大きな影響を与えました。山形県と鶴岡市は、ブラックバスが害魚であると認識しているのですから、隠すようにコソコソと駆除行為を行わず、駆除を行う理由を公言して、秋田県などが既に施行しているように“ブラックバスのリリース禁止”を条例で早急に定めるべきです。



“恐ろしく単純な生態系”にカウントもされていないようですが、十の沢池にはドブガイ(B型)も生息しています。水抜きされた堤の中で、冬に備えてドロに潜ってました。来年以降もドブガイが生き残ってくれることを願っています。



01年11月3日までは、もっと大きなドブガイも採れましたし、下流の水路にも生息していましたが、今はこのサイズだけのようです。ドブガイで大きな貝というとA型である可能性もあるのですが、当時は二枚貝に疎かったので、関心も薄く、標本を残しておらず・・・なんとも残念でなりません。

  

タグ :環境

Posted by さくら at 14:12Comments(6)その他07

2007年11月01日

仔ナマズ

メダカの棲処で捕まえた仔ナマズ。(^^)



ナマズは、川から温かい水路へ遡上して、産卵を行います。しかし水路には、落差工・水門といった障害物が遡上を邪魔し、餌となる他の生き物が水路に生息していないと育ちませんから、ナマズが遡上&産卵できる水路は少ないです。遊佐のメダカが棲む水路は、生物多様性からも、貴重な水路です。  

タグ :ナマズ

Posted by さくら at 07:17Comments(3)その他07