2007年08月06日

穴空き石

最上川の河川敷でも色々な石をみることができます。
今回は狩川町清川地区の最上川河川敷で拾った、面白そうな石を二つ紹介します。

一つは巧い具合に穴が空いた石です。鮎釣り中に、引き舟を留る石を求めて足下の水中を覗いていて見つけました。『これは便利だ』と思い、そのまま持ち帰ってきました。帰宅後、改めて考えると、こんな都合良く穴が開くとは考えにくく、川漁師さんが開けて、重し代わりに使っていたのかも知れません。


で、後日その話しを最上第八漁協の方にすると「誰そんな面倒くさいことすっが。」と一笑されました。重し代わりに利用するなら鉄筋やブロックで良いわけですし、スイカを縛るように石を縛ってもそれまでの話しです。なるほど、もっともな話しです。

穴の空いている位置は、人為的な感じがしますが、穴の中を見ると、長い間掛かって穿われたって感じがするんですよね。人為的に穿った穴が、風化・劣化しただけかも。(^^;

天然か人工か分かりませんが、面白いのでウチにまだ置いてあります。撮影に際しては、分かり易く犬のヒモを通してみました。

  

タグ :

Posted by さくら at 00:06Comments(6)その他07化石