2007年05月30日

急がれる対応 鵜

身欠きにしんさんが、鵜に襲われた岩魚を釣りました。私も他の川で今年3月に鵜に襲われた岩魚を釣っており、これは庄内の川の存亡が掛かる重大な問題です。

添付画像は2005年8月に鬼怒川で釣ったニジマスですが、夏休み期間なので、誰かがヤスで突いた跡かと思いました。『1本ヤスとはツウな奴だな』と感心していたら「これは鵜だよ。鵜から襲われた跡だよ。」と鮎梁のオヤジさんに教わり、ビックリしたものです。だって40cmはあるニジマスまでも鵜は襲うんですよ。

鵜は渡り鳥ではありません。その地域に棲み着いてしまう鳥です。つまり1年中居るわけです。このまま初期対策を誤れば、カラスがカラスを呼ぶように、鵜が鵜を呼んでしまい、庄内の川から魚が居なくなってしまいます。庄内地方では、最上川と相沢川の合流点や赤川で鵜が漁をするところを目撃されているそうです。山形県には迅速なる対応を求めたいのですが、これが動かないんだなあ、山形県は。(笑)

私は鬼怒川で鵜の実態をみてきましたが、恐ろしい数の群れが上空を往来し、人気無い淵や瀬を、信じられないくらい統制で追い込み漁を繰り広げていました。あれでは鮎も居なくなるわけです。私の主張は決して大袈裟なものではありません。関東以南の川鵜の被害をネット検索して調べて見て下さい。
  
タグ :環境

Posted by さくら at 14:42Comments(5)その他07