2009年03月30日

金魚椿

先ほどTV番組の中で、
京都平岡八幡宮にある金魚椿というのが紹介されていました。
(↓金魚椿(きんぎょつばき)の葉 | ぐでんぐでんさんより画像拝借)



葉っぱの形が金魚のような椿ということで、番組の中で『こんな感じ』と紹介してました。
確かに魚のようなシルエットですが、大間違いも甚だしく、見た瞬間にイラッ!としました。



金魚を横から見るようになったのは、透明な水槽が出来てからで、
それまでは、桶やタライなどに入れて、金魚は上から眺めて観賞していたのです。
つまり金魚椿の金魚とは、葉と尾の形からしても、“らんちゅう”を指します。
(↓らんちゅう専門 伊東養魚場さんより画像拝借)



ですから、金魚椿を紹介するなら、こういうイラストにすべきです。



番組制作のCG加工?は、若い人が担当しているのでしょうけど、
どういう視覚センスなのでしょうか? 
横から見た金魚に見えたというのでしょうか?
『あー、本当だ。見える見える。』と言われて、金魚に見えなかったけど、遣ってしまったのでしょうか。
たぶん後者でしょうね。これって放送倫理違反じゃないの?! (^^;  

タグ :金魚椿

Posted by さくら at 00:02Comments(0)その他09

2009年03月06日

軽石ABC

海岸に打ち上がった漂流物を拾い集める趣味を、ビーチコーミングと呼ぶ。
ということを、NHKの「熱中時間」で知りました。
ビーチコーミングのBlogも検索するとたくさんヒットします。
かなりマニアックな方々が存在するディープな世界のようです。
と同時に、浜辺が好きな方々でもあるようです。
Beachcomber's Logbook 怒りの浜辺! 2009-03-02
http://beachcomb.exblog.jp/10998611/

奇しくも私もビーチコーミングのようで、私の収集物は軽石ということになりそうです。
軽石を集めても、別に何する分けではないのですが、軽石の産出地は限られており
しかも産出地に因って成分?が違うので、産出地の判別が可能なんです。
それなので、将来軽石の産出地を知る機会と巡り遇えたら、楽しいじゃないですか。
積極的に調べる気持ちは今はありません。気楽にビーチコーミングを楽しんでいる感じです。

庄内浜に軽石が打ち上がるのは、気のせいかも知れませんが、冬から春に多い気がします。
毎日浜を歩いて統計を出した結果ではなく、
キス釣りしている時期には軽石を拾ってませんので、そう感じるだけなので、悪しからず。

今回は3個の軽石A・B・Cを拾って来ました。
軽石も、海岸にバラバラと広く点在して打ち上がっている分けではなく
大概まとまって打ち上がっています。この3個も、5mと離れていませんでした。



今回は、樹脂の塊も多く打ち上がっていました。ぱっと見た目は軽石に見えますが
テカリや色合い(配色)、気泡が無いなどから、軽石ではなく樹脂だと判ります。
判別するには、ガスライターやガスバーナーで炙るのが一番手っ取り早く、確実?です。



まずは軽石Aを炙ります。でも、これは樹脂だと判っていました。
この黒い点々模様を見て下さい。なんだか見覚えありません?(^^)




黒い点々模様は、もみ殻です。
何に使っていたかまでは解りませんが、樹脂にもみ殻を混ぜてあるんです。
ガスバーナーで炙ってみれば、ほら、この通り樹脂が溶け出し異臭も発します。



次は、軽石B。これが良く判りません。軽石というより、ウレタン樹脂のようでもあり
珊瑚のようでもあり、園芸用土のパーミキュライトのようでもあり、
もろいようで硬く、シッカリした強度がある、軽い物質です。





樹脂製品ならガスライターの炎でも溶け出したり異臭を発するので
最初にガスライターで炙ってしまい、ガスライターの赤い炎で煤けてしまいました。
その後にガスバーナーで炙りましたが、溶け出したり異臭を発することもなく、変化無し。
この物質は大変な断熱効果があり、炙った箇所の熱は直ぐに冷めますが、
撮影後に軽石Bを持つと、ほんわか微熱が物質の底の方から感じられました。
鉱石(軽石)なのか、人工物(断熱材)なのか、全く判りません。





次は軽石Cを炙ります。これは軽石で間違いないでしょう。
溶けませんし異臭も発しません。ちょっと煤けて黒くなっただけです。




問題は軽石B。この物質の断熱効果に安心勘を抱いた私は、更に長時間炙ってみることにしました。
直接手に持って炙っていますが、全く熱くありません。




ガスバーナーの炎から外せば、物質は熱せられて赤くなっていますが、
溶け出したり異臭を発することありませんでした。
これだけ熱した後でも、熱せられた箇所は直ぐに常温?に戻ります。



真っ赤に熱した箇所は、ご覧の通り綺麗なもんです。
鉱石(軽石/石綿?)だと思いますが、よく解りません。(^^;






これだから鉱物(石)は面白い。
ビーチコーミングによる軽石収集は、当分続きそうです。(^^)  


Posted by さくら at 19:14Comments(1)その他09砂丘

2009年02月07日

浸食状況.2

1月19日掲載した画像と比べて、削られているのが分ります。
波が打ち寄せた浸食ではなく、雨水の影響って感じですね。
切り株周辺も削られているし、近く落ちそうです。



  

タグ :環境海岸

Posted by さくら at 18:00Comments(0)その他09砂丘

2009年01月28日

昔と今と

宮野浦海水浴場周辺も写り込んでいる、ちょっと前の最上川河口域の航空写真を見た。
松の防風林と作業道が大きく変化するとは思えないので、それを基準にして見てみると
飛び砂防止の草原の幅が今より狭く、砂浜の幅はずっと広かった。

今の草原と砂丘の境を現場で見てみると、ゴミの層が見てとれる。
何年前のゴミなのか判らないけど、ゴミがある位置が、昔の地表ということだ。






これからどう変化していくんだろうね。  

タグ :環境海岸

Posted by さくら at 13:00Comments(1)その他09砂丘

2009年01月19日

浸食状況

海が荒れた時、高波によって浸食されていく海岸線の様子をお伝えします。

高波の毎に浸食をうけた砂丘の縁は、波に洗われて絶壁だったに
風や雨の影響でしょうか、上部から崩れ始めたようです。






一番上に掲載した'08年12月13日の画像に、青い矢印を付けましたが、それらは切り株と倒木です。
下の画像と浸食具合を見比べてみてください。


  

タグ :環境海岸

Posted by さくら at 21:56Comments(0)その他09砂丘