2019年08月03日

アオスジカミキリ

再びアオスジカミキリが飛び込んできました。
庭の木に巣食っているのか、他からやってきているかは不明。



  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年08月02日

Asian carp ってなんだ?

アメリカの面白動画の中に
「川を航行中のボートに突然大きな魚が飛び込んで来る」というのが数多くあるのですが、
その魚の正体はレンギョ。中国産の魚で日本では利根川に棲むハクレンがそれです。
大河でないと繁殖出来ないので日本では利根川だけにしか生息していませんが
アメリカでは大繁殖してしまい、生態系へ与える影響が大きくて、問題になっていました。
今回は電機ショッカーを使った駆除が行われたそうです。

CNN 2019.08.01 Thu posted at 12:20 JST
米ケンタッキー州魚類野生生物資源局は7月30日、
バークリーダムで「電気ショック」ボートを使って外来種のコイを感電させ、
水面に浮かんだコイを回収する活動を行った。
https://www.cnn.co.jp/video/18575.html?ref=yj


この記事で気になったのが、翻訳した日本語版のタイトルです。

増えすぎたコイ、電気ショックで一網打尽 米ケンタッキー州で深刻な問題に
https://www.cnn.co.jp/fringe/35140726.html
https://www.cnn.co.jp/fringe/35140726-2.html

「コイが増え過ぎて問題になっている」と書かれると、
日本人は馴染みの日本の黒い野鯉が迷惑をかけていると思い込んでしまいますが、
犯人は中国原産のレンギョであり、日本の鯉ではないのです。
7月24日カンボジアの首都プノンペンで日本人が覚せい剤所持で逮捕されたと報道されましたが、
実は韓国人が日本人になりすましていたという事件がありましたけど、
なんかそれに似た話しに思えて残念でなりません。


↑中国原産のレンギョを何故『コイ』と表現するのか?
それはアジアからの移入種を Asian carp という総称で呼んでいるからのようです。
総称であるAsian carp の中では、ちゃんと分類されているようです。
日本語版は、きちんと同定&文章を精査してから掲載してほしいものです。
Asian carp
https://en.wikipedia.org/wiki/Asian_carp
Bighead carp:Hypophthalmichthys.
https://en.wikipedia.org/wiki/Bighead_carp
silver carp (Hypophthalmichthys molitrix)
https://en.wikipedia.org/wiki/Silver_carp
ハクレン(白鰱、Hypophthalmichthys molitrix)
https://ja.wikipedia.org/wiki/ハクレン

中国人が食べ慣れた中華料理の食材を確保したくて放流してしまったのでしょうね。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年08月01日

羽アリ

蛾に蚊、羽蟻などなど、夜に窓を全開にしいていても飛び込んで来る虫が今年はとても少なくて過ごし易い。二夜連続で黒くて大きな羽蟻が1匹だけ飛び込んで来て、それだけで終わった。これで済んで大助かりである。


虫が少なく人間には過ごしやすいけど、小鳥たちは大変だろうなと思ってしまう。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月30日

騙されるな ケーズデンキ商法に要注意!!(再度掲載)

最低気温が25度以上の蒸し暑い夜が続き、エアコン必須となっています。
この猛暑に新しくエアコンを購入される方もおられるでしょうし
最近ケーズデンキのTVCMを頻繁に見かけるようになったので、
2017年07月25日「騙されるな ケーズデンキ商法に要注意!!」を再度アップすることにしました。
エアコンを購入される際の参考になれば幸いです。

2017年07月25日「騙されるな ケーズデンキ商法に要注意!!
気温が高いのは我慢出来るが、雨が降って蒸し暑いのは流石にこたえる。
ここ数日梅雨前線の影響で雨が続き、湿気が多い。
こういう時のエアコンは本当に助かる。快適快適。face02

快適なエアコンだが、我が家のエアコンは昨年8月にケーズデンキで購入して、酷い目に遭った。
ほぼ詐欺といって良い行為だった。これからエアコンの購入を考えている方のために、体験談を記しておこうと思う。

長く使っていたエアコンをそろそろ買い替えようという話しになり、
8月頭にケーズデンキで商品を購入したが、混んでいるので、取り付け工事はお盆を過ぎてからになるという事になった。
暑い時期だけに、取り付け工事日を首を長くして待っていた。
待ちに待った取り付け工事日は午前中ということで、ウチには婆さんしか居なかった。
『帰宅すればギンギンに冷えた茶の間が待っている
そう思いながら、楽しみにして帰宅すると、エアコンは付け替えられていなかった。・・・どういうこと???

婆さんに尋ねたら、作業員は時間通りに2名やってきて、
「ケーズデンキから来ました」「取り付け場所を見させてください」
と言って茶の間を見るなり、矢継ぎ早に「配電盤をみせてください」と言い
「あー、この配線では取り付けできません。新しく配線していただなくてはいけません」
「代金は1.4万円から掛かりますが、いまお支払いいただけるなら、領収書を書きます。作業員は別にまた来ます」
と言ったそうな。

今まで何でもなく可動していた配線だし、添付画像のようにエアコン専用コンセントで使っていた。
何より『取り付け工事無料』ということだっから購入し、全て代金は支払済み。
それなのに今になって工事費が要るとはどういうことかと問いつめたところ、「規則ですから」と言い
我が家が購入したエアコンを車から下ろすこともなく、そのまま持ち帰って行ったとのこと。

婆さんを問い詰めても仕方がないことだから、ケーズデンキに電話しようとしたら
ウチへ来た作業員は名刺も渡さず氏名すら名乗っていなかった。
そんな状態でケーズデンキ酒田店に電話すると店長が対応にでてきたが
「エアコン専用配線は、我が社独自の安全基準であり、それに準じない限り取り付けは出来ない」
「それにご不満なら、解約しましょうか?」
「こちらは説明しているのですから、ご理解頂けず、これ以上何か言うなら貴方はクレーマーですよ」
「警察を呼ぶなら呼んで下さい。今後は弁護士が対応させていただきますから」
と、実に高圧的な態度を示してきた。

「こちらは既に代金を支払い、売買契約は済んでおり、商品はウチに所有権がある」
「それを持ち帰るとは、何の権限でそんなことをするのか」「いいから早く持ってこい!」
と主張して、再配達させることにした。

しばらくして2名の作業員がやってきた。
婆さんが言うには、午前中にやってきた作業員2名だとのこと。
「『ケーズデンキから来ました』と言ったけど、名刺見せろ」と言うと、名刺はありませんとのこと。
「ケーズデンキの作業員である証しを示せ」と言うと、ありませんからケーズデンキに電話してくださいと言う。
「ならば名乗れ。お前の名前を言え」と言うと、個人情報なので言えませんとほざきやがった。
「配電盤を視て『これでは駄目です』と言ったそうだが、お前ら電気整備師免許もってるのか?」と尋ねると
「持ってません」と言う。
「無資格な人間が、一目見ただけで、どうしてこれでは駄目ですと言えたんだ!?」
「東北電力も電気工事会社の人も、今の状況で問題はありませんと言ってたぞ!」と言うと返答出来ず。
「何所の誰かも名乗らずに『ケーズデンキから来ました』と家に上がり込み、
 配線工事費が1.4万円以上掛かると具体的な金額を言い、いま支払えば領収書をきりますとまで言ったくせに
 いざ問われれば名刺も無ければケーズデンキとの関係を示す書類もない。
 名前も言えず自分の会社名すら名乗れないとはどういう了見だ。おまえらは言動は詐欺行為だぞ」
「何処の誰かも判らないの人物に、『ケーズデンキに問い合わせてください』と言われて
 ハイそうですかとお前らを帰らせ、ケーズデンキに問い合わせする奴が居るわけないだろ!」

1人は離れてこそこそと何処ぞに電話かけまくっているし、
残された1人は反論もできず泣きそうな面して立っているだけ。
名乗らない人物が我が家に上がり込み、金銭を請求したのは事実し、
名刺も無く、名乗らない身元不明人が発行する領収書が、信頼に値する分けがないではないか!
ケーズデンキとの関係も示さないのだから帰すわけにもいかないから、警察を呼びました。
すると作業員から事態を聞かされケーズデンキ酒田店の店長がやってきたけど、
既に警察が到着していたので、警察の指導でその後は店長と作業員2名とは会話することができず、
氏名は警察が控えたからということで、氏名を知ることもなかった。
結局エアコンはそのまま置いていかせ、知り合いの電気工事会社に依頼して翌日取り付けてもらいました。

クソ暑い日々の中、新しいエアコンの到着を首を長くして待って居て、
到着して目の前にエアコンがある状況で、「配線工事費1.4万円以上掛かります」と言われたら
早く取り付けてほしいから、多くの人は支払ってしまっていると思います。

ケーズデンキの説明には
当社 標準取り付け工事内容』
と書いてありますが、『当社』という一文が隠れ蓑になっています。
エアコン専用コンセント があることが前提』
というのがウソで、
「ブレーカー直結の専用配線じゃないと、当社ではエアコン専用コンセントには該当しません」
「東北電力や電気工事会社が何と言おうと、当社は独自の安全基準でやっています」と言って配線工事費を請求してきます。
私のように食い下がると
「クレーマーですね。今後は当社の弁護士が対応させていただきます」
「商品は解約しますか?」と、ユーザーに罪が在るかの如く言動で幕引きを計ろうとしますから、ご用心あれ。
http://www.ksdenki.com/shop/pages/special_160048.aspx

ケーズデンキでは下記画像状態を「エアコン専用コンセントには該当しません」と主張します。


作業員は名刺を持たず、ケーズデンキとの関係を示さず、
購入したエアコンを車から下ろすなく無く家に上がり込み、
電気整備師の資格もないのに、一目見ただけで「これでは駄目です」と診断し、
配線工事費の具体的な金額を提示し、請求書も出しますよと言って、金銭を要求します。
納得できず説明を求めると、氏名と社名は個人情報だからと言って明かさず、
「ケーズデンキに電話してください」「我々は指示されてますから」と言って
購入したエアコンをそのまま持ち帰ります。泣き寝入りして1.4万円を支払わぬよう、気をつけてください。

  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月29日

シジュウカラ 警戒心

今年営巣しているシジュウカラは、今までと違って賑やかにさえずりません。
巣箱に餌を届ける際、今までは近くでピーピー!鳴いて周囲を警戒して、サッと巣箱に飛び込みます。
巣箱から出て行く時は、ちょっと顔を出して周囲を見渡すと、サッと飛び去ります。
その際、私に気づいてもそのまま直ぐに飛び去るのですが、今年の個体がちょっと違います。

私に気づいても直ぐに飛び去ることなく、露骨に私を注視してきます。



驚かせないよう静かにバックして部屋の奥に隠れると、確認するため下りて来きます。


孵化:抱卵から13日から14日で孵化。数時間から1~2日で全て孵化する。
ということは2019年07月04日「シジュウカラ 抱卵中?」では、抱卵してなかったんですね。
巣立ち:孵化後18日から20日で巣立ち。孵化後も2週間から1ヶ月は親鳥と共に生活する。
ということはお盆過ぎに巣立ちを迎えそうです。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月28日

シジュウカラ 孵化する

26日に近所から、巣立ちした雛が親鳥を呼ぶ声が賑やかに聞かれました。
我が家の巣箱はどうなっているのか気にしていると、
時々、巣箱の巣穴に止まった時にカタっ!と音がするので、ひょっとしたら孵化したのかも。

27日明け方の早朝、カタっ!と音がして、かすかにピィピィピィピィと鳴き声が聞こえてきました。
昨日聞いた巣立った雛が遠くで鳴いているだけなのか定かではありませんが、かすかに聞こえます。
カタっ!という音は、今まで不定期に鳴っていましたが、27日は頻繁に聞かれるようになり、
何かをくわえて巣箱から飛び去る姿を確認できました。雛が孵化したようです。face02


↑餌を持って来たとき、私に気づいて警戒。
↓雛の糞を咥えて出てきたところ。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月27日

小さ過ぎて同定不可能

カゲロウかな?と思ったけど、なんか違ったのでマクロ撮影。
ティッシュボックスに止まったので、後ろに見える『8』の印字は3.6mm。


閉じた羽根の隙間から見える毛のようなものは何なのか?
こんな小さい羽根虫の同定は困難なので、やっていません(爆)face03


小さい虫には、まだ見たこともないのが多くて、面白いです。face02
  


Posted by さくら at 00:01Comments(2)その他19

2019年07月26日

今日の天気予報

ここ数日、内陸では午後になると激しい雨に見舞われています。

  


Posted by さくら at 16:03Comments(0)その他19

2019年07月26日

再びゴマダラカミキリ

2019年07月25日「ゴマダラカミキリ」にリリースした個体が、再び部屋に飛び込んできました。
こんなの初めて。face03


甥っ子が小さい時にはキープしておいて、あげたけど、中学高校になった今は全てリリースです。face02  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月25日

ゴマダラカミキリ

今年はやっぱり現れました、ゴマダラカミキリ。
たぶん庭の木に巣食っているんだと思う。


昔はどこの河原の柳にたくさん居たけど、今は減ったよね。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月22日

「栗の花」から三週間

2019年06月27日「栗の花」から三週間が経ちました。
雨が多い日々でしたが、蒼く実ってました。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月21日

キジバト

今年ウチにやってているのは2羽で、サイズの違いからオスとメスのようです。
サイズが小さいメスと思われる個体が警戒心が薄くて、
庭で鉢をいじっていても目の前を歩いて行くし、意外と逃げません。
今では茶の間で餌を食っていきます。face02


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月16日

チゴユリ(稚児百合)実

チゴユリに青い実=種が付いてました。
二輪開花して実が1粒だけのは大きな実で、2粒のは未だ小さい状態です。
10月には黒へ変わり、上手くいけば翌春新芽となります。



ウチのチゴユリは放置してますけど、丈夫なようで、よく増えてくれています。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月09日

天然のイワナを喰う理由あるの?


フィールドライフ'19夏号に載っており、これは常々疑問に思っているのですが、
道具にこだわりマナーだモラルだローインパクトだと語り、自然は大事と唱えていながら
尚且つ「地域特性が見られるイワナを探ってみたいと考えたらから」遠方の釣り場を釣行してはなく
わざわざ「漁協はなく放流も行われておらず、全て天然魚である」って場所のイワナを釣って
日頃食さないくせに、なんで食べるんでしょうね。


地域特性が見られる天然魚を探る主旨で、なんで食べる必要があるのか、私は理解できません。
そんなに貴重なら、そっと放って見守ってあげたらいいのに。
おかずを1品増やすためにイワナを食すなら、おかずを1品多く持ち込めば済む話しじゃないですか。
おかずを1品我慢すれば済む話しでもあり、貴重であるなら尚更敬意を示すべきで
それがローインパクトの主旨じゃないんですかね。
渓流釣り記事の定番として記事を書くためのネタと化しているだけで、
この手の記事を読むと、とても残念な気持ちになります。  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月09日

フィールドライフ '19夏号

フィールドライフ夏号が出ました。
続々発売されるアウトドア用品のことが載っているフリーマガジン。
今後は夏の山ということで、登山靴が多く紹介されていました。
https://www.ei-publishing.co.jp/magazines/regular/fieldlife/



  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月07日

心落ち着くチープな空間

知人に教えてもらったおにぎり屋。昔から在るのは知ってましたが、入るのは初めて。
お客の多くが肉そばや肉うどんを注文しており、私は肉そばにしました。
はっきり言って美味しくはありませんが、お椀も汁も熱っつ熱っつ(^^)
東京から新幹線での帰りに新潟駅のホームで食べるそばと同じ味で、とても好かったです。
本命のおにぎりは具たくさんで美味しくて、飛ぶように売れてました。face02icon28icon14


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月06日

シャク蛾 尺取り虫の親

夜に飛び込んで来た白と黒と黄色の蝶。
調べたら蝶ではなく、尺取り虫の親である、シャク蛾 という種類の蛾らしいです。


とはいえ部屋を飛び回って止まる時は、蛾の特徴である羽を開らかず、必ず閉じてましたし
シャク蛾とは羽の形状が違う気もします。種類も多くて調べても同定は出来ませんでした。

  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月05日

カワセミ

警戒心が強くて直ぐに飛び去ってしまうので、遠くから写すことしか出来ませんでした。
撮影出来ませんでしたがカワセミは2羽居て、
つがいだと思っていたらもう1羽飛んで来て全部で3羽居ました。親と子ですかね。


  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月04日

シジュウカラ 抱卵中?

巣箱の中で音がするので営巣してくれていることを願ってました。
7月3日物干し台に出ようとしたら、目の前にシジュウカラが居ました。face08
普通なら直ぐに逃げるでしょうに、逃げません。
そっと室内へ戻り物陰に隠れて様子をうかがうことにしました。


巣箱を見上げる位置に止まっていたので、直ぐに巣箱に入るのではないかと推察。
巣箱だけが見える位置に隠れて様子を見てましたが、動きがありません。さえずりもありません。
警戒して飛び去ったのかなと物陰から覗いてみたら、
シジュウカラも手すりを移動しながらこちらを伺っているではありません。警戒心の強さにビックリです。
下記写真では手すりの角に止まっていますが、ずっと手前まで来て室内を覗こうとしてました。
ここまで警戒しながら飛び去らないのは、相方が巣箱の中で抱卵しているからだと思います。


巣箱を使ってくれている事が分かったので安心しました。face02  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19

2019年07月02日

此処は何所だか判りますか?

夕日に輝いている矢印の所は、何所だか判りますか?


↑答え:鳥海ブルーラインにある大平山荘


↑答え:旧松山町の眺海の森さんさん  


Posted by さくら at 00:01Comments(0)その他19