2018年06月19日

イワヒバ 明星 コナダニ?

先週末からしとしとと雨が降る肌寒い日々が続きました。
風も弱まり久しぶりにじっくりとイワヒバを眺めていると
明星の葉が妙に茶色いことに気付きました。
イワヒバはコレといった病害虫はないのですが、
葉を食べる夜盗虫と土中に潜むコナダニが唯一の害虫らしいので、
これはコナダニが原因かもしれません。


鉢を開けて凝視してみると、白くて足がある極小の虫を3匹ほど確認できました。
これがコナダニでしょうか? 小さく過ぎて直ぐ見失うので取り除けませんでした。


茶色く変色した葉に通じる茎には、新しい葉が付いており、
植え替え以前からのダメージに、私が今になって気付いたという感じです。


NHK出版岡島秀光著「イワヒバを楽しむ」では、
コナダニには「殺ダニ剤の使用が有効」と書いてますが、殺ダニ剤とは何なのかが判りません。
畳にぶすっと注して使うような、普通のダニに効く家庭用殺虫剤で良いのでしょうか???
住友化成サイト「殺菌剤の作用性とローテーション散布の重要性」には
予防殺菌剤:ダコニール1000など。植物体内に入った病原体に効きません。
治療殺菌剤:ベンレート水和剤、トップジンMゾルなど。既に侵入した病原体まで退治する浸達性の薬剤。
とありました。
カビなどを対象にした殺菌剤なのでコナダニに有効なのか不明ですが、
ホームセンターに行ったらSTダコニール1000が在ったので買ってきました。
取りあえず使ってみます。

  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)イワヒバの勉強

2015年12月14日

イワヒバ 潮害

ウチのイワヒバの葉咲きが枯れるのは、風通りが良過ぎて乾燥するからだと思っていたのですが、潮害だそうです。
海が近いといっても、潮の香りがするわけでもない距離ではありません。
最近は急激に波が高くなることが多いので、その影響かなあ・・・残念です。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)イワヒバの勉強

2015年12月12日

イワヒバに生える苔 水分過多

玉織姫に生えた苔。緑色でイワヒバの葉のように見えますが、苔です。これは取り除かないといけません。
コケが生えるようでは水分が多いことが原因だそうです。



ちなみに、この株に対して鉢が大き過ぎるそうです。大き過ぎる=水分過多だそうです。  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)イワヒバの勉強

2015年11月30日

イワヒバ 深植えの奨め

イワヒバの幹は全て根なので、このように幹に見立てて植えるのは、良くないそうです。


根張り良く水分の吸収を助け、乾燥気味に育てるためにも、深く植えるのが良いそうです。


  


Posted by さくら at 04:00Comments(0)イワヒバの勉強

2015年11月23日

イワヒバ 臥龍

2014年10月07日『イワヒバ 龍尾』で紹介した品は、臥龍でした。
龍尾の葉は細長く、その断面は丸型。
臥龍の葉は厚みがあり、その断面は丸型ではなく四角い感じだそうです。
樹形も龍尾の場合は「龍の尾」のように極立ち性で臥龍は平型。
見る人がみると直ぐに判別できるそうです。


イワヒバ 龍尾』に載せた東邦植物園 特選品【龍尾】(10号化粧鉢)のを見ると、なるほど違います。




  

タグ :イワヒバ

Posted by さくら at 04:00Comments(0)イワヒバの勉強